T-PainがKanye WestとLil Pumpの“I Love It”のビートは自身にインスパイアされたものだと主張

先週開催されたKanye WestのアートディレクションによるPornhub Awards。そこで発表されたKanye WestとLil Pumpのコラボチューン“I Love It”は、鬼才スパイク・ジョーンズがプロデュースしたユニークなMVによって大きな話題を呼んでいる。ミュージックビデオで胴体が巨大化したKanyeとPumpは人気ゲームのROBLOXからの影響と言われている。

しかし、同曲のビートについてT-Painが作ったものに類似しているとの声が上がっている。以前T-PainはInstagramにビートを作っている模様をアップしており、その
動画と共に「KanyeとLil Pumpの曲がT-Painがちょっと前に上げていたビートに似てるのはどうしてだろう?」との指摘を行なったTwitterユーザーがいた。

これを見たT-Painは、そのユーザーに対して「妻にこのことを話したよ。俺は以前Kanyeとニューヨークで仕事をして、あのビートを彼に渡したんだ。パクられたって言いたい訳じゃないけど、インスパイアはされてると言いたい」とリプライ。“I Love It”は確かにT-Painのビートを元にして作られたものだと主張している。

その後T-Painは付け加えて「俺には何も出来ないよ」とツイートしており、笑顔の絵文字を用いていることからどうやら怒ってはいないようだ。

“I Love It”のクレジットにはKanye West、DJ Clark Kent、CBMIX、Ronny JとあるがT-Painの名前は記載されていない。確かにKanyeは複数のミュージシャンとセッションしそのアイデアを元に曲を完成させるスタイルを用いているが、果たしてKanyeはT-Painのビートを参考にしたことを認めるのだろうか?

related

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

Kanye Westが自身初となる大統領選の集会を開くも物議を醸す結果に|奴隷解放運動家ハリエット・タブマンの功績を否定し非難を浴びる

様々な批判や騒動を巻き起こしながら、紆余曲折を経て正式に大統領候補となったKanye West。そんな彼が立候補後初となる集会を開いたが、そこでの発言がまたもや物議を醸している。

Kanye Westが大統領選出馬のための書類を提出し正式にオクラホマ州で大統領候補に登録

先日、新党「The Birthday Party」を立ち上げ今年の大統領選への出馬を宣言したKanye West。Forbesのインタビューにて人工妊娠中絶とワクチンの撤廃を呼びかけ非難を浴び、また手続きの都合で今年の出馬は取りやめとなることが報じられたが、なんとその後書類を提出しオクラホマ州の正式な大統領候補となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。