21 Savageが自身の教育キャンペーン「21 Savage Bank Account」を始動し職業訓練を行う

先日、不法滞在の容疑で移民税関局に拘留されるも無事釈放された21 savage。そんな彼が、昨年より設立を発表していた教育キャンペーン「21 Savage Bank Account」がいよいよ始動することをアナウンスしている。

「21 Savage Bank Account」は非営利団体Get Schooledとの協賛で21 Savageが立ち上げたもの。子供たちに貯蓄や投資、お金の稼ぎ方を教えることを目的として設立され、いくつかの学習プログラムを終えると21 Savageによる1000ドルのプレゼントとともに銀行口座を開設することができる。

さらに、21 savageは同キャンペーンの拡張を発表。職業訓練を目的とした組織JUMA.orgと協力し、経済に関する教育だけでなく職業経験を積むための手助けも行なっていくという。Jumaからアップロードされた動画の中で21 Savageは「学校に行っていない、仕事を見つけられない奴はJUMAに登録するんだ。金を稼げる仕事のために、職業訓練を積むことが出来る。キャリアを築くことも出来るし、ステップアップするチャンスにもなる。経験は不要だ。JUMA.org/Applyに行け」とアナウンス。経済の仕組みだけでなく、お金を稼ぐ実践的な方法も教えるようだ。

釈放後のインタビューではロンドンの貧しい地域からアトランタに移り、厳しい生活を乗り越えて現在の地位を築いたと語った21 Savage。自身のように辛い経験をする子供を減らしたいという思いでこのような活動を行なっているのだろう。彼のファンの子供たちも、キャンペーンを利用することでお金を稼ぎ生活を改善していくことが出来るかもしれない。

RELATED

21 SavageがMetro Boominとのコラボ作『Savage Mode 2』をアナウンス

2016年にリリースされ、21 Savageが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなったMetro Boominとのコラボミックステープ『Savage Mode』。その続編となる『Savage Mode 2』が制作途中であることを21 savageがアナウンスした。

21 Savageが移民税関局に拘留されている人々に25000ドルを寄付

今年の2月に不法滞在の容疑で逮捕され、先日は自身の国籍についてからかってきたラッパーと口論を繰り広げた21 Savage。そんな彼が、自身と同じく移民税関局(ICE)に不当な逮捕を受けている人々をサポートすべく多額の寄付を行ったことが報じられている。

21 Savageが自身のことをアメリカ出身ではないとからかってきたラッパーとInstagram上で口論

今年2月、21 Savageがイギリス国籍であるにもかかわらずアメリカに不法滞在していたとして逮捕され、大きな騒動となったのは記憶に新しい。Jay-Zをはじめとする多くのアーティストの助けもあってか、現在は無事釈放された彼だが、当時インターネット上には彼に関するミームや不謹慎なジョークが溢れかえっていた。そのような状況も、事件から数ヶ月経った今となっては落ち着いたとみられていたが今回、21 SavageがInstagram上で自身をからかってきたラッパーと口論を繰り広げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。