Smokepurppが"Gucci Gang"は自分が書いた曲だと主張しLil Pumpが反論

フロリダの人気ラッパーLil PumpとSmokepurppといえば盟友として知られているが、その関係性に亀裂が入る出来事が起こったかもしれない。

昨日Lil Pumpが新作『Harverd Dropout』をリリースしたばかりのタイミングで、SmokepurppがLil Pump最大のヒット曲"Gucci Gang"は自分が書いた曲だと主張したのだ。"Gucci Gang"だけでなくSmokepurppは、初期のLil Pumpの楽曲全てを自分がリリックを書いていたとも述べており、Instagramで「おい、聞けよ。もう遊んでる場合じゃないんだ。俺のギャラをよこせよ、"Gucci Gang"は俺の曲で、お前にあげたんだ。お前の最初のビッグヒットをくれてやったんだよ」と述べている。

それに対しPumpは、「お前こそ遊びは終わりだ。おれが最初にお前にRonny J、DJ Carnage、Travis Scottを紹介してやっただろ」と自身の方がSmokepurppのキャリア形成に貢献をしていたと反論している。しかしこの反論自体はSmokepurppの主張を否定するものではなく、"Gucci Gang"が誰が書いたものかどうかはわかっていない。

可能性としてこのビーフ自体が『Harverd Dropout』のリリースプロモーションの一つであること自体も考えられる。4月に開催されるCoachellaでこの2人はGucci Maneと共にGucci Gangとしてパフォーマンスをする予定で、その時にはこの2人の関係性の変化が正しいものかわかるはずだ。

related

Lil Pumpが先日の引退宣言を撤回し新曲をアナウンス

先週土曜、突如として「俺の音楽活動は終わった。辞めるよ」と引退を宣言したLil Pump。そんな彼が、やはりと言うべきか引退宣言をわずか数日で撤回した。

Lil Pumpが音楽活動からの引退を宣言

お騒がせラッパーとして知られるLil Pumpが音楽活動からの引退を宣言した。

Smokepurppが「史上最高のSoundCloudラップ5曲」を選ぶ動画が公開

Lil Pumpと共にSoundCloudラップを牽引してきたことで知られ、先日ニューアルバム『Deadstar 2』をリリースしたSmokepurpp。そんな彼が、「史上最高のSoundCLoudラップ5曲」を選びコメントと共に紹介する動画がComplexから公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。