Pornhubがコンピレーションアルバム『Pornhub Valentine’s Day Album』をリリース │ 6ix9ine、Lil Xan、MadeinTYOらが参加

なにかとヒップホップシーンとの繋がりが深いアダルト動画サイトPornhubが、バレンタインを記念したコンピレーションアルバム『Pornhub Valentine’s Day Album』をリリースし話題となっている。

アルバムには6曲が収録されており、参加アーティストはBlac Chyna、PnB Rock、Lil AK、6ix9ine、Lil Xan、Asian Doll、24hrs、MadeinTYOという面々。以前も「Pornhub Awards」のクリエイティブディレクターにKanye Westを招き世間を驚かせたPornhubだが、今回もアダルト動画サイトの企画とは思えない豪華さだ。

アルバムはBlac Chynaによるスキットで幕を開ける。「みんなは“バレンタインに何をしたの?”って聞くけど、私はただ満足したい。プッシーとお尻で一時間くらい楽しんで、良い音楽を聴いて、シャンパンを空けたい。そして、Pornhubを観るの。ねえ、あなたも私のバレンタインにならない?」という朗読は色っぽいがあまりにもシュールだ。PnB Rockによる爽やかなトラップチューン“Right Now”やLil AKと6ix9ineによるダンスホール“Lanes”、そして24hrsのボーカルがメロウな“In My Bag”など、どの曲もロマンチックな一夜を過ごすにはぴったりな仕上がりとなっている。バウンシーなトラック“Shake It”を提供したLil Xanは「この曲がPornhubのファーストアルバムに最高にフィットするって分かってたよ。この曲を聴いてみんながやってくれたら嬉しい」とコメントしている。

Pornhubの副代表であるCurey Priceは、今回の企画について「完璧なバレンタインのプランを練るストレスを和らげるために、アルバムを作ることで私たちはファンに愛を示そうと思いました。男性自身を元気にさせるキューピッドのような、そして一夜を激しく燃え上がらせることを保証するような、そんな魅力的なアルバムです。Pornhubには毎日一億人以上の方が訪れるので、私たちは何が人を良いムードにするのか分かっています。もしあなたが“今夜は盛り上がってきてるな”と感じたら、明かりを落としてこのアルバムをかけて下さい。あなたは、後で我々に感謝することになるでしょう」との声明を発表。自信たっぷりだが、人々の趣味嗜好を知り尽くしたPornhubだけに信頼がおけそうだ。

日本では既にバレンタインは終了してしまったが、一人の寂しい夜や恋人とロマンチックに過ごす夜に『Pornhub Valentine’s Day Album』を聴けば、セクシーな時間を過ごすことが出来るかもしれない。

related

6ix9ineが「俺の曲が長くヒットしないのは金を払ってラジオで流してもらっているから」と正直に告白

先週金曜日、出所後初となるアルバム『TattleTales』をリリースした6ix9ine。Lil Durkとのビーフとそれに伴う買収疑惑など相変わらずトラブルの渦中にいる彼が、インタビューで心境を語っている。

Lil Durkが6ix9ineのチームから彼とのビーフを300万ドルで要求されたと明かす

出所以来本格的な活動を再開し、Nicki Minajとのコラボ曲“Trollz”も話題となった6ix9ine。近日中にアルバムをリリース予定であることも報じられている彼が、Lil Durkに対して興味深い取引をもちかけたようだ。

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。