RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019が開催決定 | ローラースケート場や能楽堂、ウェアハウスなどが舞台に

山手線や渋谷の街全体をフェス会場にしてきたレッドブルによる都市型音楽フェス『Red Bull Music Festival Tokyo』が、プログラムを一新して、今年は4月に開催されることになった。

今回の舞台は都内最大級の屋内ローラースケートリンク「東京ドーム ローラースケートアリーナ」や、「セルリアンタワー能楽堂」にBoredoms、OOIOO、SAICOBABなどで活躍するYoshimiOを招き彼女が自身の音楽観を初めて語るレクチャーも展開。さらに新宿2丁目発のファッションパーティ「fancyHIM」がレッドブルとコラボして渋谷で初開催というバリエーション豊かなもの。

さらにダンスミュージックの原点でもあるウェアハウスパーティも都内某所で開催し、最終日は非日常的な音空間へ誘う壮大なフィナーレイベントで幕を閉じる。以上のような刺激にあふれた7つのイベントが4/8(月)~4/20(土)まで開催される『Red Bull Music Festival Tokyo』のさらなる詳細は今後発表予定だ。

Info

名 称(英語):RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2019
名 称(カナ):レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2019 日 程:2019 年 4 月 8 日(月)~20 日(土)
会 場:都内各所
料 金:各公演によって異なります。詳しくはオフィシャルサイトにて www.redbull.com/tokyo #redbullfestivalTYO
※18 歳未満の方は保護者同伴でご入場いただけます。一部イベントは 20 歳未満の方のご入場をお断 りさせて頂く場合がございます。ご入場の際は顔写真付き身分証明書をお持ち下さい。

related

『Red Bull 64 Bars』シーズン3の最終回でMummy-DとDJ KRUSHのコラボレーションが実現

キュレーターの選んだラッパーが、同じくキュレーターの選んだトラックメイカー/プロデューサーのオリジナルトラックで、文字通り“64小節”のラップをレコーディングし、その模様をアンカット(一発撮り)の映像に収めるHIP-HOP映像シリーズ『Red Bull 64 Bars』。日本語ラップのパイオニアZeebraを迎えたシーズン1、ANARCHYがキュレーターを務めたシーズン2に続く。キャリア30年以上のヒップホップグループ、RHYMESTERのMCであるMummy-Dが全10エピソードのキュレーションを担当したシーズン3の最終回となるエピソード10が本日公開された。

紫のRed Bullが新登場

Red Bullからエナジードリンクの新フレーバー『レッドブル・エナジードリンク パープルエディション』が6月8日(火)より全国で発売開始となる。

RED BULLによる『64 BARS』のシーズン3がスタート|キュレーターはMummy-Dで田我流やGOCCIなどが登場

Red Bullによる64小節のヒップホップ映像シリーズ『64 BARS』の日本版シーズン3(全10エピソード)が本日から公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。