好みの形に変化させることができるISSEY MIYAKEの新素材『DOUGH DOUGH』| 橋本麦によるイメージビデオが公開

ねじったり丸めたり、パン生地(dough) のように好みの形へと変化させ “自遊”自在に楽しむことのできるISSEY MIYAKE の新素材「DOUGH DOUGH」のイメージビデオとブランドサイトが公開された。

 

ISSEY MIYAKEのSPRING SUMMER 2019 コレクションで発表されたDOUGH DOUGH シリーズは、着る人がそのデザインに参加することで完成する服となっている。毎朝の気分に合わせてヘアスタイルをアレンジするように、身に着ける人それぞれが、表情を自由に変化させて楽しむことができる。

またDOUGH DOUGHのイメージビデオは、TVCMからミュージックビデオなど、多様な映像・グラフィックのスタイルを模索している映像作家、橋本麦が製作したもの。DOUGH DOUGHの帽子が人の手によって様々なかたちに変わる様子をアニメーション化し、この素材の多様性やこれからの発展を示唆する可能性を表現するビデオに仕上がっている。

またDOUGH DOUGHシリーズは2/1(金)より全国のISSEY MIYAKEショップに登場している。

related

イッセイ ミヤケ 16AWコレクションのイメージビデオのサウンドにGold Pandaが起用

UKの鬼才が人気ブランドのイメージビデオの音楽を担当

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。