OG Macoが自身のSoundCloudのアカウントを2000ドルで売ると宣言

2018年をもって、音楽活動から引退をしたラッパーのOG Macoが自身のSoundCloudアカウントを2000ドル(約22万円)で売ると宣言した。

彼は今週水曜日、自身のTwitterにてこのようにツイート。


「もしお前が俺のことをSoundCloudでしかサポートしていないなら、それは本当に俺のことをサポートしていることにはならない。SoundCloudから利益はあがらないからな。それが俺がなぜこれ(SoundCloudのアカウント)を売るのかの理由だ」とSoundCloudに曲をアップロードするだけでは利益が出ないので、もういっそのことアカウント自体を売ってしまおうという考えを明らかにした。
このツイートに続けて彼はこのようにツイートしている。


「早いな。5分で3つも入札があったよ。彼らのうちの1人があと15時間でそれ(OG Macoのアカウント)を手にすることになる」とうまく売却に成功したことをほのめかしている。

しかし、ここで1つ問題がある。実はSoundCloudの利用規約において、アカウント売買は禁止されているのだ。利用規約にはこう書かれている。
「SoundCloudの事前の書面による承認なしに、SoundCloudのアカウントを第三者に売却または譲渡したり、それを申し出ることは出来ません。アカウントまたはURLを売却しようとしたという報告を受けた場合、事前の通知無しに(そのアカウントは)ただちに停止します」
つまり、アカウントを売買するには書面による承認が必要というわけだ。
現在、OG Macoのアカウントを見てみると、購入したのであろうアーティストによる曲が数曲アップロードされている。ここから考えるに、OG Macoは事前の承認を得たということだろうか。

いずれにせよ、自身のSoundCloudアカウントを売却するということはやはり彼は音楽活動を引退したのだろう。現在のヒップホップシーンにおいてJuice WRLDをはじめ、SoundCloudから地位を築き上げたラッパーは多く、SoundCloud自体の注目度も上がってきている。その中で、既存のラッパーのアカウントを利用できるのは大きなアドバンテージになるかもしれない。

related

Smokepurppが「史上最高のSoundCloudラップ5曲」を選ぶ動画が公開

Lil Pumpと共にSoundCloudラップを牽引してきたことで知られ、先日ニューアルバム『Deadstar 2』をリリースしたSmokepurpp。そんな彼が、「史上最高のSoundCLoudラップ5曲」を選びコメントと共に紹介する動画がComplexから公開された。

SoundCloudが利用規約の変更を予告|新たに15曲以上のアップロードには課金が必要に

気軽に音源をアップロード出来る便利さから多くのアーティストに親しまれるSoundCloud。これまで資金不足や閉鎖の噂、またアップデートに伴う改悪などで物議を醸してきた同サービスが、一般ユーザーにとって重要な変更に踏み切るようだ。

Lil Teccaの“Ransom”がSoundCloudチャートで1位だった期間の最長記録を更新

現在、スターダムをものすごい勢いで駆け上がっている17歳のラッパーLil Tecca。そんな彼の代表曲である“Ransom”が長らくPost Maloneが保持していたSoundCloudでの記録を塗り替えた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。