スパイク・リーの最新作『ブラック・クランズマン』の予告編が公開

スパイク・リー監督の最新作で、アカデミー賞には6部門でノミネートされている『ブラック・クランズマン』の予告編が解禁となった。

日本では3/22(金)からTOHOシネマズ シャンテなどで全国公開される本作は、1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説が原作。主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン、ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。

予告編は黒人新米刑事であるロン・ストールワースがKKK(白人至上主義を掲げる危険な秘密結社)を相手に電話で「俺は黒人が嫌いだ。ユダヤ人もメキシコ人、アイルランド人、イタリア人や中国人も…だが何たって黒人が一番嫌いだ」と白人以外の人種を言葉の限りディスり始め、「白人のアメリカ万歳」と締めくくり、署内の刑事たちを騒然とさせる場面からスタート。黒人襲撃を計画しているという噂がたつKKKの陰謀を暴くため、潜入捜査に名乗り出るロン。

その潜入方法は、ロンが白人のふりをして電話をかけ、ロンの代わりに白人刑事であるフリップ・ジマーマンが彼らと対面、二人でロンを演じるというもの。難なく進むかと思われた潜入捜査だがフリップの正体を疑う、過激派構成員フェリックス(ヤスペル・ペーコネン)が登場し緊張が走る。両者の対決の行方はどうなるのだろうか。

予告編と同時に解禁された、ビジュアルには、「俺たちが、すべてを暴く。」と構える黒人のロンと白人のフリップの刑事コンビ、そしてその背後からはKKKの象徴である三角白頭巾がその不気味な顔を覗かせている。

Info

監督・脚本:スパイク・リー 製作:スパイク・リー、ジェイソン・ブラム、ジョーダン・ピール
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、アレック・ボールドウィンほか
ユニバーサル映画 配給:パルコ 宣伝:スキップ&NPC 2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:BlacKkKlansman/映倫:G指定

related

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。