ヒラパー・ウィルソンと堀田知聖の2人展がgallery TOWEDで開催

多くのミュージシャンのアートワークやグッズ制作等を手がけるヒラパー・ウィルソンと美術ユニット最高記念室のメンバー堀田知聖による2人展『ドリフ』が2月1日(金)より東京都墨田区のアートギャラリー、gallery TOWEDにて開催される。

境界を漂う2人のアーティストによる作品は、実験的である一方、視覚表現という大枠のなかに共通する普遍的な「美」という魅力をいつも確実に備え持っているように感じられる。そして本展覧会は、二人の作品の魅力を平面のみならず様々な表現を通して楽しめる構成となっている。

INFO

「ドリフ」

2019年2月1日(金)~2月17日(日) 13:00-20:00 金・土・日・祝日のみオープン

出品作家:ヒラパー・ウィルソン、堀田知聖

キュレーター:船戸厚志

会場:gallery TOWED(ギャラリートウド) 〒131-0046 東京都墨田区京島2丁目24-8

レセプションパーティー

2019年2月2日(土) 18:00-20:00

ワンドリンク500円

related

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。