Lil Pumpが自身を「史上最もリリカルなラッパーだ」と主張する

Lil Pumpは現在の煽りラッパーの代名詞的存在であり、これまでも何の根拠もなしに例えば「ドラッグをやめる」などを放言を行ってきたが、またしても彼らしい煽りを繰り出してきた。

ニューアルバム『Harverd Dropout』を、2/22にリリース予定のLil Pumpは、昨日Twitterに「おれが史上最もリリカルなラッパーだと科学的に証明されている」と投稿。

科学的に示されているという割にはその根拠となるデータなどは一緒に示されていないという、いかにもPumpらしい煽りだ。これはアルバムリリースに向けてのプロモーションの一環と考えるのが妥当だが、もしかしたら『Harverd Dropout』ではリリカルな側面を十二分に発揮してくれているのかもしれない。

もしくはPumpは先日話題になった「最もボキャブラリーが豊富なラッパー」リストに触発されたのかもしれないが、ボキャブラリーは計測可能だが、リリカル=叙情的であるかどうかは、そもそも判断基準が難しくどのように科学的に判断するのかも謎なところだ。

RELATED

Lil Pumpがガソリンスタンドで煙草を吸う動画を投稿し批判を浴びるが「いつもの事だ」と開き直る

これまで様々な言動・行動が批判に晒されてきたLil Pumpがまたしても新たな問題行動を起こしたようだ。

Lil Pumpが突如「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」とベテランを挑発

その言動から忘れられがちではあるが、実はまだ18歳という年齢のLil Pump。そんな彼が、若くして成功した自らを突如としてフレックスしている。

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。