GQの「クリーンなアーティスト特集」に登場したVince Staplesが自分の他にラッパーが出ていないことを疑問視

ドラッグを完全に断ったと告白したA$AP Rockyや「リーンをやめた」と発言したFutureなど、ラッパーの間でドラッグの使用をやめる動きが活発化している。そんな中かねてよりストレートエッジを貫いていることで知られているVince StaplesがGQの「クリーンなアーティスト特集」に登場するも、そこで取り上げられたアーティストのセレクトに異議を唱えている。

GQの特集は、現在ドラッグを使用せず素面で創作を行っているアーティストに話を聞くというもの。登場したのはAerosmithのSteven TylerやJulian Baker、Ben Harpetらといった顔ぶれで、Vince Staplesは唯一ラッパーとしてインタビューに応えた。その後Vince StaplesはBillboardによる別のインタビューの中でこの人選に対し、「俺はあの中でただ一人の都会に住んでいる人で、ドラッグをやらない都会人はもっと沢山いるはずだ」と、自分の他にもっと話を聞くべき相手がいると主張。更に「J. Coleにマリファナを吸わないことについて話を聞けただろうし、Kendrickにインタビューすることも出来たはずだ。もっと話を聞くべき相手がいるだろ。俺が言いたいのは、ドラッグについて話すならもっとリアルなことについて話すべきで、普通とは違う人に聞いてもしょうがないってことだ。人生は人生だし、俺は恵まれてるからドラッグは必要ない」と、自分は普通の人とは違うので適切な人選ではないと語っている。

確かに記事に登場するのはカントリーやクラシックなロックなどドラッグから遠いジャンルのアーティストが多い。Vince StaplesはSteven Tylerのようにドラッグ中毒を抜け出し今のようなライフスタイルを手にした者と自らを比較し、「俺はドラッグについてSteven Tylerとは全く違う答えを言うだろう。全く別の人生を歩んできてるからな。ドラッグを使うことは俺の頭の中の片隅にしかなかった。死や貧困に囲まれていると、ドラッグについて考える暇が無かったんだよ」と語っている。彼の独特な人生観が伝わってくる言葉だが、確かに一般的な事例とは言えないだろう。

ラッパーたちが各々ドラッグをやめていく中、「そもそも使用したいと思わなかった」と格の違いを見せつけたVince Staples。シーンの中でも独立した立ち位置を築いている彼だが、それはドラッグについても同じだったようだ。

RELATED

Vince Staplesが「ここ5年間でトイレットペーパーを切らしたことがない」と豪語

「音楽を聴くのが嫌い」を始めインタビューの度にユニークな発言を行い、芸風を確立した感のあるVince Staples。そんな彼が、生活必需品であるトイレットペーパーについて謎のフレックスを行なっている。

Coachella 2019でのBillie EilishのライブにVince Staplesがゲスト出演するも声が聞こえないハプニング

Coachellaの2日目に出演しライブを行なったBillie Eilish。非常にハイレベルなパフォーマンスとアルバムの大ヒットもありライブは大きな盛り上がりを見せたが、ライブの途中にちょっとしたハプニングが発生してしまった。

Earl Sweatshirtが自身を撮影しようとしたファンのスマホをはたき落とす

憧れのアーティストが目の前に現れたとき、思わずスマホのカメラで撮影したくなってしまう人もいるだろう。しかし、多くの場合それはアーティストにとって快く思われない。以前YGを盗撮しようとした少年が晒し上げられてしまったニュースを紹介したが、今回はEarl Sweatshirtを撮影しようとしたファンが痛い目に逢ってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。