昨年公開されたWu-Tang Clanのドキュメンタリー『For The Children』の続編がアメリカで公開決定

日本では昨年に映画『キックス』と同時上映されたWu-Tang Clanのドキュメンタリーシリーズ『For The Children』の続編がアメリカで公開されることが決定した。

監督を務めるのはMass AppealのSacha Jenkins。『Wu-Tang Clan: Of Mics and Men』と題された同作は1月28日に予定されたインディーズ映画の祭典サンダンス映画祭にてプレミア上映される。

日本ではどのような形で観ることが出来るのか今の所未定だが、前作同様90年代ヒップホップヘッズにとっては必見の作品になるだろう。

RELATED

Lil Yachtyが「Wu-Tang Clanみたいなイケてるグループをやりたい」と発言

直近ではHuluで伝記ドラマ『Wu-Tang : An American Saga』の配信が決定し、またスタッテンアイランドの一角に「Wu-Tang Clan地区」が完成するなど、再び盛り上がりをみせつつあるWu-Tang Clan。その流れに影響されたのか、Lil Yachtyが思わぬ発言をし話題...

ニューヨークにWu-Tang Clanの名を冠した「Wu-Tang Clan地区」が完成|Ghostface Killah、Raekwonらが式典に出席

以前、ニューヨークにWu-Tang ClanとNotorious B.I.G.の名を冠した通りが出来ることが報じられたが、いよいよ「Wu-Tang Clan地区」がニューヨークに現れたようだ。

Notorious B.I.G.とWu-Tang Clanがニューヨークの通りの名前に

東海岸のヒップホップレジェンドであるNotorious B.I.G.とWu-Tang Clanの名を冠した通りがニューヨークに出来ることが明らかとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。