伝説的なプロデューサーRick Rubinの制作プロセスにフォーカスしたドキュメンタリーが今年公開予定

伝説の音楽プロデューサーRick Rubinのドキュメンタリー番組が、アメリカのテレビ局『Showtime』で今年下旬に公開予定だそうだ。監督はオスカー賞やエミー賞などをはじめとした数々の賞を受賞しているMorgan Nevilleが務める。

『Shangri-La』という仮題がつけられているこのドキュメンタリー。「あらゆる角度からRubinの製作プロセスを知る事ができ、音楽シーンで最も非凡なプロデューサーがどのように音楽をプロデュースしているのかを視聴者に教えてくれるものだ」とNewsdayは伝えている

RubinはDef Jamの創立者の1人で、Beastie BoysやRun D.M.C.、Red Hot Chili Peppersなどを手がけ2度もグラミー賞を受賞しており、現在のヒップホップシーンにも影響を与え続けている天才的なプロデューサーである。

RELATED

『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』|大麻と音楽や人種差別の歴史、そして合法化の先を描くドキュメンタリー

先日4月20日、Netflixにてドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー:大麻が見たアメリカ』の配信が開始された。このドキュメンタリーはヒップホップレジェンドであるFab 5 Freddyが監督と案内人を務め、アメリカにおける大麻の過去と現在を紐解いていくものである。

Supremeが伝説のプロデューサーRick RubinとコラボTシャツをリリースへ?

Supremeが毎シーズンリリースしているアーティストなどとのフォトTシャツシリーズは、Supremeのアイコニックなアイテムの1つだ。 そして18 SSのフォトTがリークされた。

Eminemの新曲には「マンブルラップ」への苛立ちが影響しているとRick Rubinが明かす

Eminemが昨日Beyoncéをフィーチャーしたニューシングル"Walk on Water"をリリースした。この楽曲についてEminemがプロデューサーのRick RubinとジャーナリストのMalcolm Gladwellがホストを務めるPodcastで語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。