三宅唱+YCAMによる新作映画『ワイルドツアー』が劇場公開決定

ヒップホップシーンとも関係が深い映画監督の三宅唱が、山口情報芸術センター[YCAM]が実施する滞在型映画制作プロジェクト「YCAM Film Factory」の第4弾に招聘。この度新作『ワイルドツアー』が完成し、劇場公開されることになった。

「YCAM Film Factory」は既存の映画制作にとらわれない自由な発想を持つ映画監督と協同し、YCAMに蓄積された横断的な知見と総合させ、より自由な映画制作のあり方を模索するプロジェクト。三宅はこれまで、『Playback』(12)や『きみの鳥は うたえる』(18)といった長編劇映画や、建築家・鈴木了二や、ラッパー・OMSB らとの作品制作、ビデオダ イアリー「無言日記」シリーズ(14〜)など、多様な映像表現を試みてきた。

『ワイルドツアー』は山口県山口市を舞台に、実際にYCAMでおこなっている、採取した植物のDNAを解析し植物図鑑を作るワークショップを物語の出発点においた物語。

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
そこで出会った10代の若者たちが山や海へ「新しい種」を求めて探索しながら、自然と共に成長していく構成で、三宅と出演者が一緒になって脚本や演出を考えながら撮影を重ねたことで、彼らの成長の記録も映し出された、まるで日記のような作品に仕上がっている。

© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
© Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
映画『ワイルドツアー』 は、3/30(土)から東京・渋谷のユーロスペースで公開となる。

Info

画像提供:山口情報芸術センター[YCAM]

YCAM Film Factory vol.4
三宅唱監督最新作 『ワイルドツアー』
2019年3月30日(土)〜4月12日(金)
渋谷 ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F)

※料金や上映に関する詳細はユーロスペース HPをご確認ください

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。