James Blakeの最新作『Assume Form』がリリース│Travis ScottやMetro Boominらが参加

2016年に発表された3rdアルバム『The Colour in Anything』以来3年ぶりとなるJames Blakeの最新作『Assume Form』が今日リリースされた。

参加アーティストはTravis Scott、André 3000、Metro Boomin、Moses Sumney、ROSALÍAという顔ぶれ。James BlakeはTravis Scottの『Astroworld』に参加しており、今回のTravisの参加はそれを受けてのものだと思われる。

今までのJames Blakeらしいアンビエンスやセンチメンタルなムードもありながら、Metro Boominをフィーチャーした“Mile High”や“Tell Them”、André 3000を招いた“Where's The Catch?”、そしてトラック11“Don't Miss It”ではトラップの文法を取り入れた新機軸を開拓。『Astroworld』やKendrick Lamarによる映画『ブラックパンサー』への参加を経た進化を感じさせる。

またゲストアーティストをフィーチャーしながらも彼ら全員を自身の色に統一するプロデュースの手法は、今作が『Astro World』『Testing』等の昨年を代表するヒップホップアルバムの系譜に連なる作品であることを証明している。

これまでとはまた違ったテイストのアルバムとなった『Assume Form』。音楽ファンならば必聴の作品と言えるだろう。

『Assume Form』のトラックリストは以下の通り。

1. “Assume Form”
2. “Mile High (feat. Metro Boomin & Travis Scott)”
3. “Tell Them (feat. Metro Boomin & Moses Sumney)”
4. “Into The Red”
5. “Barefoot In The Park (feat. ROSALÍA)”
6. “Can’t Believe The Way We Flow”
7. “Are You In Love?”
8. “Where’s The Catch? (feat. André 3000)”
9. “I’ll Come Too”
10. “Power On”
11. “Don’t Miss It”
12. “Lullaby For My Insomniac”

RELATED

アラバマ州の妊娠中絶禁止法成立を受けてTravis Scottがグッズの売り上げを全て妊娠中絶を行うNPOに寄付することを発表

先日、アラバマ州で成立した妊娠中絶禁止法。性犯罪による望まない妊娠を含め妊娠中絶を完全に禁止するこの法律に対しRihanna、Lady Gaga、Billie Eilishを始めとする女性アーティストたちが抗議の声を上げていることが報じられているが、そんな中Travis Scottが自身のマーチャンダイズの売り上げを全て妊娠中絶や経口避妊薬の処方を行うNPO団体Planned Parenthoodに寄付することを発表した。

Metro BoominがTwitter上での自身に対する批判に激怒

Migosの“Bad and Boujee”をはじめ、Futureの“Mask Off”、21 Savageの“Bank Account”など数多くのヒット曲を生み出してきたプロデューサーのMetro Boomin。昨年には、一時はラップシーンから引退することをほのめかしたものの、自身初のソロアルバム『Not All Heroes Wear Capes』をリリースするなど名実ともに現代を代表するトッププロデューサーの一人となった。そんな彼が水曜日、Twitter上での自身への批判に激怒した。

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。