SUGARHILL 19 SS LOOKBOOKが公開 | 「salad days」と題しゲイカルチャーやレイブカルチャーにフォーカス

23歳のデザイナー林陸也が手がけるブランドSUGARHILL。ミリタリーやワークをベースにしつつ、無骨さや尖った要素を中性的にリヴィルドしたコレクションで注目を集めている同ブランドが、19 SSシーズンのLOOKBOOKを公開した。

「salad days」と題された今シーズン、元来「無経験な青二才時代」、「未熟な青春時代」という意味の言葉だが現代で大麻の隠語とされる「サラダ」という意味も重ねている。

コレクションは、デザイナー自身がバンクーバーに留学していた頃の経験をもとに制作。バンクーバーは90年代から同性愛、ドラッグ、移民等に寛容な土地であり、独自のゲイカルチャーやレイブカルチャーが発達、その中で林はスケートと夜遊びを繰り返していたという。

多く用いられている花のモチーフは、そんなバンクーバーの歴史的文化から着想した「ケシの花」をモチーフとしており、若々しさの象徴としてポジティヴに昇華。また、ブランド本来のクラシックなアイテムを再構築したパターン遊びやステッチ使いに加え、ディティールには酩酊時の「ズレ感」や「違和感」を想起させる仕様をちりばめたほか、 西海岸というキーワードをもとにウェスタン・ディティールやレインポンチョもラインナップ。

フォトグラファーの岩本幸一郎が手がけたLOOKは、浜辺で行われていたレイブで日が昇る景色を見た経験から、夜明けから撮影を開始し、時間軸通りにエディットを行った。

Photo:koichiro Iwamoto
Edit&Styling:Rikuya Hayashi

RELATED

SUGARHILL 19 F/WのLOOKBOOKが公開 | テーマは「Black and Blue」

新進気鋭のデザイナー林陸也が手がけるブランドSUGARHILLが、「Black and Blue」をテーマに掲げた19FWシーズンのLOOKBOOKを公開した。

Mindseekerの2019 SS COLLECTION LOOKBOOK | テーマはカジノ

「All I Do Syndicate」の創設者達により、よりハイエンドなクリエイションを発信することを目的に、2016年に設立されたMindseekerが2019年の春夏コレクションを2月22日(金)より全国の取り扱い店舗で一斉発売する。

BALが2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開 | テーマはChance Operation

音楽とファッションの親密な繋がりを、ものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアで知られるBALが、2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。