Frank Oceanがスキンケアには夜間の保湿が必要だと主張

昨年は、目立ったリリースはなかったものの『Blonded Radio』での中間選挙への投票の呼びかけなど、その人気と影響力の大きさを改めて感じさせたFrank Ocean。

そんな彼が今回、GQのインタビューに登場。彼といえば、音楽性だけでなく、そのファッションなども含めた審美的なセンスも印象的だが、このインタビューでは美肌を維持する秘訣を語っている。
インタビュアーに日々のスキンケアについて聞かれたOceanはこう答えた。
「おいおい、、、いいか聞けよ。いつも、今日も俺は美しい。だが、たまに、例えば冬の時期は、俺は沢山ニット帽を被るけど、俺の肌はそれが好きじゃない。俺の母は何年か前に、あなたは誰かにあなたの肌を傷つけないように帽子の裏地にシルクを縫い付けてもらわないと、あなたの肌は敏感だからと俺に言ってきた」と自身が敏感肌であることを明かし、続けて「俺は母の言うことを聞かなかったけど、俺は本当にナイトクリームは信じている。男はただ何もせず眠るだけだ。顔を洗う人もいるけど、全く気にしない人もいる。彼らは日中の顔のまま寝るんだよ。優しく顔を洗うことと夜の保湿クリームを塗ることは絶対必要なんだ。日光に敏感になってしまうから日中はクリームは塗れないんだ。だから夜に塗るんだ。俺にはナイトクリームが必要なんだよ。なぜなら(ナイトクリームを塗って寝ると)目を覚ましたとき、俺はとても美しく、しっとりとしていて、人々とアイコンタクトをとれる準備が出来るんだ(笑)。これこそが俺のライフハックだ。これをやり続けてもう数年経つ。そしてPharrellはまだ俺らに秘訣を教えてくれてない。彼はただ‘剥離する’と言っているけど、(彼が美肌を維持しているのは)‘剥離する’だけじゃない。俺らにはもっと秘訣が必要だ」とナイトクリームの重要性を強調するとともに、Pharrellの美肌の秘密が気になる様子を見せた。

Pharrellは以前に、その若々しい美肌を保つ秘訣を聞かれた際、「狂ったように角質をとること」と答えていたが、Oceanはそれ以上の秘密があると見込んでいるようだ。

また、このインタビューで彼は他にも昨年ついに開設されたと話題になったInstagramアカウントについても語っている。彼はInstagramを開設した理由として「公衆が見ている俺と実際の俺の差異に不満があった」と述べているが、確かにInstagramが開設される前までは、彼のプライベートを知ることが出来たSNSがTumblrしかなかったために謎めいた存在となっていた。自身のInstagramを開設してからは、プライベートがうかがえる投稿を頻繁にしており、本人も楽しんでいる様子が垣間見える。ファン達もさぞかし喜ばしいことだろう。

インタビューの全編はこちらから見ることが出来る。

RELATED

Frank Oceanが自身によるクラブイベントを開催 | その4つのルールとは

先日公開されたインタビューで、デトロイトやシカゴのテクノ、ハウスに興味があると語っていたFrank Oceanが、現地時間の10/17(木)にNYでクイアクラブイベント『PrEP+』を開催している。

Frank Oceanがマリブに635万ドルの豪邸を購入

先日はW Magazineのインタビューで次回作の方向性や近頃の関心を明かし話題を呼んだFrank Ocean。そんな彼が、豪奢な別荘を購入したことが明らかになった。

Frank Oceanが「デトロイトやシカゴのダンスミュージックシーンに興味がある」と語る

アメリカのファッションメディアW Magazineから、Frank Oceanの最新インタビューが公開。そこで、現在制作中であるという新たなプロジェクトや最近の興味について語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。