GunnaのマネージャーがCamila Cabelloを知らなかったため“Havana”に参加できなかったことが明らかに

元Fifth HarmonyのCamila Cabelloが昨年リリースしたシングル“Havana”はシングルチャート1位を獲得したことをはじめ、数々の賞を受賞。2017年を代表するポップチューンの1つだ。この曲にはフィーチャリングでYoung Thugが参加しているが、当初はGunnaが参加する予定だったことが明らかになった。

そしてGunnaが参加しなかった理由というのが彼のマネージャーがCamilaのことを知らなかったからだというのだ。GunnaのAudiomackにおけるマーケティングディレクターJoe Vangoがこのようにツイートしている。


「俺はGunnaがYoung Thugの代わりにCamilaの“Havana”に参加する予定だったけど、彼のマネージャーがCamilaのことを知らなくて断ったっていう話を忘れることはないだろうね」と裏話を明らかにしている。
さらにVangoはこの話の詳細をDJ Boothに語っている。
「Gunnaは3月にAudiomackに新曲を俺らと作るために戻ってきたんだよ。俺らは彼(Gunna)とYoung Thugの未発表音源について話してたんだ。あれは彼らが2回目にコラボした曲をレコーディングしてたときかな、俺たちは彼らの関係性について話してたんだよ。それで、彼(Gunna)がもともと“Havana”に参加する予定だったってことを教えてくれたんだ。彼のマネージャーはCamilaのことをCamillyと呼び続けていたよ」とジョークも交えて当時のことを振り返った。

また、今年の6月にSpotifyのインタビューに登場したYoung Thugは“Havana”がスマッシュヒットするまでは緊張していたことを明かしている。「これは何だ?俺はこんなに早く(パートを)交代したくない。俺は時間をかけたい」と当時は感じていたそう。


最終的に“Havana”は大ヒットを記録したので、Young Thugの決断は正しかったことになるが、もしGunnaが参加していたら結果がどのようになっていたか気になるところだ。

RELATED

Lil Babyが一転してGunnaに金を払いリリックを書いてもらっていたことを否定

先日、Lil Babyがラップを始めたころGunnaに100ドルを払い、リリックを書いてもらっていたことを明かし、話題になったのは記憶に新しい。ゴーストライターの存在は現在のヒップホップシーンにおいてはそれほど珍しくはないものの、時にビーフの種ともなりえるため上記の彼の発言は少々物議を醸していた。そんな中、Big Boy TVの最新インタビューに登場したLil Babyが一転してGunnaに作詞してもらっていたことを否定している。

Gunnaのライブにゲスト出演しようとしたLil Uzi Vertがセキュリティに一般人と勘違いされて止められる

高い楽曲のクオリティやラップスキル、特徴的なファッションや独特なキャラクターを持ち、シーンで1、2、を争う人気ラッパーであるLil Uzi Vert。しかし、その存在を知らなかったためトラブルを起こしてしまった人もいるようだ。

Lil BabyがGunnaに100ドルを支払いリリックを書いてもらっていたことを明かす

現代のヒップホップシーンにおいて、ラッパーがゴーストライターを雇うことはそれほど珍しいことではない。最近では、Lil YachtyがCity Girlsのヒット曲“Act Up”のリリックを書いたと主張し、話題となっていた。そんな中、昨年に頭角を表し、今や人気ラッパーの1人となったLil Babyが...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。