都市文化批評誌『Rhetorica』が「棲家」をテーマにした最新号を発売

2012年に発足した、思想/建築/デザインを架橋しながら批評活動を展開するメディア・プロジェクトRhetoricaから「棲家」をテーマにした最新号が発売となった。

2年に一度発行されてきたRhetorica、最新号では都市において、集まって余裕のある時間を過ごすことの難しさを発端にテーマに「棲家」をかかげ、〝つくり続ける〟ために必要な都市・集団・生活について考える内容となっている。

本誌は二分冊となっていて、第一分冊は2010年以降から現在にかけての、〝つくれなさ〟を生み出す状況の変化を扱っており、インターネットと都市の変化が自分たちのまわりに流れる時間を いかに変えてしまったのかをInstagramやTumblrといったSNS上のグラフィック/ファッション文化を通じて、その変化を見極めて、つくり続けるための条件を掘り下げる。

第二分冊では2000年代後半から現在にかけてのデザインや批評、メディア、大学、SFやミステリなどのシーンの変遷を当事者目線で振り返る内容となっている。

Info

商品情報
名称:『Rhetorica #04 特集:棲家』(箱入り2分冊、分売不可) 価格:3,000円(通販の場合3,500円送料込み) ウェブ:http://rheto4.rhetorica.jp/
発売日:2018年12月16日 販売場所:各種イベントおよび手売り、ウェブでの通販 販売元:Rhetorica
書誌情報(1冊目)
書名:『Rhetorica #04 特集:棲家 ver. 1.0』 企画+編集:team:Rhetorica(松本友也+遠山啓一+瀬下翔太+太田知也) 装丁:太田知也
カバーデザイン:永良凌
発行日:2018.12.16
発行者:遠山啓一
後援:NPO法人bootopia
連絡先:info@rhetorica.jp
目次(1冊目) 【棲家/芸能/画像】
pp.2-21[論考]松本友也 コズミック・ハビタット──都市の呼吸困難
pp. 22-29[エッセイ]遠山啓一 都市での休暇
pp. 30-51[座談会]遠山啓一、松本友也、田村俊明、tomad アプリケーションはあの顔たちを憶えていてくれるか──二〇一〇年以降の画像・カルチャー・SNS
pp. 52-56[エッセイ]佐々木未来也 そのたびごとに無数の、世界へ──インスタグラムと現代のリアリティ
pp. 57-59[エッセイ]田村俊明 王の肖像
pp. 60-64[エッセイ]高岡謙太郎 インターネットミーム拡散の根源「Tumblr」
pp. 65-68[エッセイ]山川陸
Over The Cliché──BABYMETALは踊り続ける
【都市/グローバル/旅】
pp. 70-75[紀行文]Sinta 有機的制作の機会──ロンドンを旅して
pp. 76-80[エッセイ]遠山啓一 コレクティブと公共性──インドネシアの場合
pp. 81-87[論考]中村健太郎 建築は「社会的実体」に向かう──現実との再接続のための試論
pp. 88-101[写真]吉屋亮 新鮮な廃墟
【地方/コミュニティ/場づくり】
pp. 103-110[インタビュー]小松理虔(聞き手・構成=瀬下翔太) 現場と批評のローカル・アクティビズム──小松理虔インタビュー
pp. 111-113[キーワード]NPO法人bootopia(構成=垣貫城二、松本友也) 青春と生活のキーワード
pp. 114-115[エッセイ]石井雅巳 滞留と湧出──盆地人について
pp. 116-120[エッセイ]太田知也 津和野百景図に辿る「幽歩」の足跡──過疎とSF〈2〉
pp. 121-123[レジメ]佐々木晃也
方法論としての対話の精神史的素描──そこに何が賭けられているのか?
pp/ 124-127[詩]津久井五月
sweet home──2018/10/25‒2018/10/2 @Tsuwano
p. 128[閉幕]NATTY FILM LOVERS ROCK

書誌情報(2冊目)
書名:『Rhetorica #04 特集:棲家 ver. 0.0』 企画+編集:team:Rhetorica(垣貫城二+瀬下翔太+太田知也) 装丁:太田知也
カバーデザイン:永良凌
発行日:2018.11.25 発行者:レトリカ西東京ラジオ(垣貫城二+あずまみこ+太田知也) 後援:NPO法人bootopia
連絡先:info@rhetorica.jp
目次(2冊目)
p.1[扉絵]金子朝一 20081224
【批評/デザイン/アカデミズム】
pp.3-9[座談会]瀬下翔太、垣貫城二、太田知也 生き延びてしまった一〇年──ゼロ年代の後始末
pp.10-13[エッセイ]小川和キ 乗るべきはバイクより批評だった
pp.14-23[対談]川崎和也、太田知也(協力=佐野虎太郎) デザインイーストから見る一〇年代デザイン小史──社会と技術と自然の明日たち
pp.24-33[対談]石井雅巳、松本友也 私家版一〇年代文学部小史──アカデミズムと在野のはざまで
【ミステリー/セカイ/SF】
pp.35-46[インタビュー]名倉編(聞き手=太田知也、垣貫城二) 太字遣い師たち──『異セカイ系』を巡る、名倉編〝メタパラ〟インタビュー
pp.47-53[座談会]太田知也、垣貫城二、瀬下翔太 伊藤計劃連続体──一〇年代日本SFのワンシーン
pp.54-65[論考]麻枝龍 「内宇宙」が「セカイ」と出逢う──私の「ゼロ年代」

pp.66-71[エッセイ]北出栞 レクイエム・フォー・イノセンス──『リトルバスターズ!』との一〇年
pp.72-86[論考]白江幸司 リアリズムと思考する原形質──岩明均『寄生獣』について
pp.87-106[論考]江永泉 少女、ノーフューチャー──桜庭一樹『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』
【親密圏/非日常/アジール】
pp.108-119[プロジェクト]瀬下翔太、太田知也、垣貫城二、永良凌 自閉と合宿──避暑(仮)について
pp.120-121[詩]DJ sucoyacka(訳=tomohta) 日曜憂愁
pp.122-125[エッセイ]宮﨑悠暢 「ストリップ・ショー」批判序説──舞踏、エロス、そして運動
pp.126-128[エッセイ]黒嵜想 10月9日

RELATED

カルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』が創刊 | 菊地成孔やDOGMA、JNKMNなどが登場

9/6(金)にカルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』(スミ)の創刊号が発売される。

関係や絆をテーマにした雑誌『PARTNERS』の第2号が刊行 | テーマはコミュニケーション

2017年に創刊した関係や絆にテーマにしたインタビュー雑誌『PARTNERS』の第2号が、6/28(金)に刊行される。

トリプルファイヤーの吉田が『散歩の達人』で連載「ここに来るまで忘れてた。」をスタート

トリプルファイヤーのボーカル吉田靖直が、雑誌『散歩の達人』の最新号となる明日発売の12月号で新連載をスタートする。 これは今年夏に発売された『散歩の達人』7月号に掲載された吉田が学生時代を過ごした街・阿佐ヶ谷について寄稿した記事が各所で評判を呼び急きょ連載化が決定したもの。 連載タイトル...

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。