OffsetがRolling LoudでCardi Bのステージに乱入し謝罪を強行するもCardiは拒否

かつてはヒップホップシーン随一のおしどり夫婦として知られながらも、現在は離婚の危機に直面しているCardi BとOffset。Offsetの浮気が原因だという二人の破局だが、そんな中先週末に開催されたRolling LoudのCardi BのステージにOffsetが乱入し、公式に謝罪を行なった。

Cardi Bがパフォーマンスをしている最中、突如としてOffsetがステージに乱入。Offsetは花束を持って登場し、また「Take Me Back Cardi(俺とよりを戻してくれ、Cardi)」とのメッセージが書かれたケーキも運び込まれた。当のCardi Bは迷惑そうな様子で謝罪を無下もなく断り、Offsetはすごすごと退散した。

Offsetによる強引な謝罪は賛否両論が寄せられており、しおらしいOffsetに同情する声もあるものの、公の場でプライベートな話をして恥をかかせたことをハラスメントであると批判する者もいる。

ちなみに、Offsetの登場はサプライズということだったが、Rolling Loudの運営が事前にTwitterにて「Cardi Bがビッグなサプライズゲストと一緒に登場すると聞いたよ」「今夜のaudiomackステージで起こることは流行るだろう。Cardi Bに注目だ」とアナウンスしており(現在は削除)、一連の騒動が仕組まれた物だったとする見方もある。

They also deleted this. pic.twitter.com/FdEfTh22HS

しかしRolling Loudの代表の一人であるTariq CherifはLA Timesにて「Migosがゲストとして登場することがCardi B側から事前にアナウンスされており、我々は一切関与していない」との声明を発表しているため、そもそもCardi BとOffsetが同意の上でこれらのパフォーマンスを行なったと考えることも出来る。真相は闇の中だ。

Cardi Bは自身のステージの後Instagramに投稿したビデオにて「私の娘の父親を責めることはやめてほしい、良い気分にならないし。だって、結局私たちはまだ家族だから」「よりを戻す訳じゃないけど、バッシングはやめてあげて」と語っている。Offsetを許した訳ではないものの、思いやる気持ちは残っているようだ。

I appreciate all the love! But what I need most right now from my fans is support and respect.

CARDIVENOMさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

世界的な注目を集めているOffsetの暴走劇だが、振られた男は何をするか分からないものだ。二人にとって納得のいく結末は訪れるのだろうか?

RELATED

6ix9ineが法廷で「Jim JonesとCardi Bも自分と同じギャングのメンバーだった」と証言|Cardi B側は否定のコメントを発表

先日より報じられている通り、かつて同じギャングに所属していたメンバーたちの裁判で証言台に立っている6ix9ine。Trippie Reddが自身と敵対するギャングに所属していたことなど他のラッパーについての暴露を続けている彼が、今度はJim JonesとCardi Bについて裁判所で発言したようだ。

Chance The RapperがNicki MinajとCardi Bのビーフについて語る

先日、家族との時間を過ごすためツアーを延期すると発表したばかりのChance The Rapper。そんな彼が今週木曜日、『Big Boy TV』のインタビューに登場。Nicki MinajとCardi B、それぞれについて語っている。

Offsetが人気企画「Sneaker Shopping」でスニーカー購入金額の最高記録を更新

様々なセレブが登場し大量のスニーカーを買うComplexの人気企画「Sneaker Shopping」。以前はFutureの豪快な買いっぷりを紹介したが、今週月曜日に公開された最新回にOffsetが出演。数々の伝説を残した同企画の合計購入金額最高記録を更新した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。