FULL-BKが「ACID」をテーマにした2019 SS CollectionのLOOKを公開

DJ DARUMAによるブランドFULL-BKが2019 SS CollectionのLOOKを公開した。

今季のテーマにはダンスミュージックシーンでも再び脚光を浴び、キーワードとなっている「ACID」をピックアップ。ダンスフロアを彩るネオンカラーや個性的なセットアップ、またブランドが得意とするエッジの効いたプリントアイテムも多数リリース。LOOKには東京のストリートシーンの重要人物がラインナップ。

FULL-BK OFFICIAL WEBSITE: https://full-bk.tokyo/

RELATED

FULL-BKが「コマンド、コントロール、パワー」をテーマにした19AWのLOOKを公開

DJ DARUMAがディレクションするFULL-BKが2019AWシーズンのLOOKを公開した。

FULL-BKのPOP UPがBARNEYS NEWYORK Roppongiで開催 | Pioneer DJとのコラボバッグなどを販売

DJ DARUMAがディレクターをつとめるブランドFULL-BKが、5/31(金)からBARNEYS NEWYORK RoppongiでPOP UPを開催する。

Mindseekerの2019 SS COLLECTION LOOKBOOK | テーマはカジノ

「All I Do Syndicate」の創設者達により、よりハイエンドなクリエイションを発信することを目的に、2016年に設立されたMindseekerが2019年の春夏コレクションを2月22日(金)より全国の取り扱い店舗で一斉発売する。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。