6ix9ineの弁護士が司法取引を断固拒否

銃撃事件などに関わったとして逮捕され、最長で終身刑の可能性も示唆されている6ix9ineだが、弁護士のLance Lazzaroは断固として彼の無実を主張している。彼は「司法取引など論外だ」とTMZに話している

Lazzaroは6ix9ineが一連の強盗事件に関わった事を示す写真が検察官から提示された後もこの姿勢を堅持している。この写真は6ix9ineが保釈を拒否された際にも使われたものだ。

しかし弁護側は、6ix9ine自身の携帯に残っている動画では4月13日に起きた強盗事件の際、彼が建物の外に居た事が示されており、実際に事件との関与が証明されているのは6ix9ineの前マネージャーであるKifano Shotti Jordanだけであることを主張。また別の画像でも9月に起きた強盗事件の際、彼は自宅にいた事が示されている。しかし、これらは事件に全く関与していないという証拠には至らない。

検察官は6ix9ineがこれらの事件の立案者であり、陰で操っているのだと主張している。これに対しLazzoro氏は真っ向からこの疑惑を否定し、司法取引に関してもきっぱりと「論外だ」と反論している。真っ向から対立姿勢を示している6ix9ineと検察側。どのような裁判が展開されるのだろうか。

RELATED

6ix9ineの弁護士が「彼は来年7月に釈放される」と断言

とうとう裁判が決着し、2年の服役と5年間の監視つきの釈放という判決が下された6ix9ine。来年釈放されることが見込まれている彼の裁判の詳細について、弁護士が明かしている。

6ix9ineの父親が懲役2年の判決に対して「嬉しく思う」と取材陣に語る

強盗、殺人、放火、銃撃、麻薬所持など9つの罪で起訴されていた6ix9ineだが、先日2年の服役と5年間の監視付きの釈放という判決がようやく下された。

6ix9ineに2年の服役の判決が下される | 釈放は2020年に

3日以内に釈放される可能性があるとの報道も話題になっていた6ix9ineについに判決が下された。強盗、殺人、放火、銃撃、麻薬所持など9つの罪で起訴されていた6ix9ineには、2年の服役と5年間の監視付きの釈放という判決となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。