ビーフ中のTory LanezとJoyner Lucasがお互いのファンであることを公言する

現在ビーフの真っ最中であることが伝えられているTory lanezとJoyner Lucas。ラップスキルのみを競い合うこのビーフは近年稀に見るオールドスクールなものとして注目を集めているが、そんな中二人が共にInstagramライブに登場し会話をする様子が公開されている。

コラボ配信を始めた二人は終始和やかな様子で会話。Joyner Lucasが「まず第一に、俺はお前のファンなんだよ」と語ると、Tory Lanezも「それは俺も同じだ」と返答し、お互いに敵意がないことをアピールした。「このビーフは最終的にスポーツなんだ」という言葉からは、改めてこのビーフがエンターテイメントでありゲームであることを実感できる。

そもそもこのビーフはTory LanezがJoyner Lucasを「ラッパーとして俺のレベルに届いていない」としたことがきっかけで始まったが、現在発表されている音源ではお互いに互角とも言えるスキルの応酬を見せている。

ビーフが注目を集め、ラップの技術をアピールすることでプロップスが得られるのならば二人にとってメリットしかないだろう。この健全なバトルはどちらに軍配が上がるのだろうか?

RELATED

Tory LanezがQuavo、Tygaとコラボした新曲“Summer Anthem”について「10秒でプラチナディスクになる」と予言

トロントのラッパーTory Lanezが、QuavoとTygaとコラボした新曲“Summer Anthem”を5月31日にリリースすることをアナウンスした。それとともに、同曲のチャートでの成績を事前に予言したことが話題となっている。

T.I.とTory LanezがFox Newsのレポーターによる故Nipsey Hussleへの不謹慎なリアクションに対し抗議

先日亡くなったNispey Hussleに対しては、心の込もった追悼から不謹慎な発言まで様々なリアクションが寄せられた。その中でも後者に当たる侮蔑的な反応を見せたFox Newsのレポーターが現在、批判に晒されている。

Tory Lanezが自殺を教唆する危険なインターネットミーム『MOMO Challenge』に警鐘を鳴らす

昨年の夏頃より海外のインターネット上で爆発的に広がったインターネットミーム『MOMO Challenge』をご存知だろうか?メッセージアプリWhatsAppやFecebook、『マインクラフト』などのオンラインゲームを中心に始まり全SNSに波及したこのミームは、ティーンエイジャーを対象に自殺を教唆する非常に危険なものだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。