The Slitsのドキュメンタリー映画の予告編が公開

世界初の女性のみのパンクロック・グループ、The Slitsの歴史を70年代中ごろのバンド結成時から、解散以後のメンバー個々のストーリー、2005年の再結成、そして2010年、本作の制作中に癌でヴォーカルのアリ・アップが亡くなるまでを追ったドキュメンタリー映画だ。

アーカイヴ映像や初めて公となる写真の数々、メンバーの証言やファン、プロデューサーや評論家などスリッツに影響を受けてきた面々のインタビューで構成された本作はアリ・アップの「私は人に好かれようと思ってここにいるのではない。私は人に聴いてもらうためにここにいるの」という言葉が端的に表している。

アリ・アップ、テッサ・ポリット、ヴィヴ・アルバータイン、パルモリヴのほかオリジナルメンバーであるケイト・コラス、ブルース・スミス(SLITS/THE POP GROUP/PiLのドラマー)、バッジー(SLITS/SIOUXSIE AND THE BANSHEESのドラマー)、再結成後のホリー・クック、ドクターノウ、アデーレ・ウィルソン、アンナ・シュルテなどが登場する本作の予告編が公開となった。

映画は12月15日(土)より、新宿シネマカリテで3週間限定公開となる。

Info

監督・脚本・撮影・編集:ウィリアム・E・バッジリー
出演:ドン・レッツ、ヴィヴ・アルバータイン、ポール・クック、アリ・アップ、デニス・ボーヴェル、テッサ・ポリット、ケイト・コラス、バッジーほか
2017年|イギリス|86分|カラー|G|原題 HERE TO BE HEARD: THE STORY OF THE SLITS
提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル
© Here To Be Heard Limited 2017

【公式サイト】 THESLITS-L7.COM
【『ザ・スリッツ:ヒア・トゥ・ビー・ハード』 twitter/facebook】 @theslitsmovie

12月15日(土)より、新宿シネマカリテにて〈3週間限定〉公開!
ほか全国順次公開

related

般若の長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12月に公開

􏰔􏰧􏱧􏱨􏱩􏱪􏱫東京・三軒茶屋を拠点に􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃􏰮􏰰􏲇􏰇􏰂􏲆􏱺􏱻􏲈􏰇􏱇􏱠􏲉􏰃、日本語によるラップにこだわり、その独特なリリックでヒップホップシーンだけでなく支持を集める般若の、長編ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』が12/25(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

アフロフューチャリズムのきっかけを作ったサン・ラーが脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が日本初公開

アヴァンギャルド・フリージャズシーンの重要人物で、後世のアフロフューチャリズムのきっかけを作った1人であるサン・ラーが、脚本、音楽、主演を務めた映画『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』が、2021年の1月29日(金)から日本初公開されることになった。

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。