50 Centが逮捕された6ix9ineを突き放す

50 Centといえば、6ix9ineがYGやThe Gameとビーフ状態になった際に、6ix9ine側に加勢したことが大きな話題になった。

そして今回、6ix9ineが連邦当局に逮捕されたことを受け、50 Centは自身のInstagramを更新。彼の事を擁護するのかと思いきや、突き放すような投稿をしている。

6ix9ineとともに写った写真を投稿しているが、キャプションには「我が息子が逮捕された、彼には俺に電話するなと言ったよ。お前はバカだ、ママに電話しな。FBIは俺に電話をかけるな。ポジティブバイブスあるのみだ」と6ix9ineを見捨てるような文言が書かれている。

上記にある通り、50 Centが6ix9ineの味方をしてからこの2人はSNS上でお互いのことを“親父”、“息子”と呼び合う関係になり、以前には、現在その投稿は削除されているものの、50 Centが「血液検査をしたら、6ix9ineは本当に俺の息子だったよ」とInstagramに投稿したこともあった。
しかし、流石の50も今回の件はさすがに擁護出来ないと思ったのだろう、それゆえこのような“息子”を見捨てるような発言をしたのかもしれない。

6ix9ineの自業自得と言ってしまえばそれまでだが、50のあっさり過ぎる手のひら返しを受けた6ix9ineが少し可哀想にも思える。

心強い味方を失ってしまった6ix9ineに新たな味方は現れるだろうか。

RELATED

6ix9ineの裁判にて検察側が裁判官に減刑を要求

昨年より強盗、殺人、放火、銃撃、麻薬所持などを含む計9つの罪で起訴されていた6ix9ine。元ギャング仲間の罪を密告するなどの司法取引によって減刑や釈放の可能性が報じられてきた彼の裁判において今回、検察側が裁判官に判決を軽くすることを打診したことが明らかになった。

6ix9ineの元ギャング仲間が自身のIQの低さを理由に刑を軽くすることを要求

現在、強盗や殺人、放火など計9つの罪で拘留されているものの、ついに2020年初頭に釈放される見込みであることが明らかになった6ix9ine。そんな彼とともに逮捕されたうちの1人が自身の知能の低さを理由に減刑を求めていることが明らかになった。

Ebro DardenがHot 97で今後一切6ix9ineの曲をかけないという報道を否定

現在、強盗や殺人など計9つもの罪で収監中の6ix9ine。来年初頭、ついに釈放されるとの報道も出たが、そんな中、ニューヨークの人気ラジオ局Hot 97が6ix9ineの釈放後、彼の楽曲を一切プレイしないと報じられた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。