6ix9ineが連邦当局に逮捕された理由が明らかに│最低25年の服役や終身刑の可能性も

昨日、6ix9ineが連邦当局によって逮捕されていたことが明らかになった。報道された時点では逮捕の原因は不明だったが、今回彼が6つの重大犯罪に関わっていたことが伝えられている。

TMZによると、6ix9ineは長くATF(アルコール、タバコ、火器及び爆発物取締局)とニューヨーク市警察、国土安全保障省による調査の対象になっていたという。彼は仲間と共に武装強盗、麻薬取引、銃撃などの犯罪行為を働いた疑いをかけられており、最低25年の服役や終身刑の可能性もあるそうだ。

検察は6ix9ineがギャング「Nine Trey Bloods」の麻薬ビジネスに加担しており、ニューヨーク全体でヘロイン、MDMA、フェンタニルを売りさばいていたと伝えている。抗争の中で銃器を発砲したことが逮捕の直接の原因ではあるが、それらの悪事が全て明らかになった今、これまでのように彼が保釈や無罪を裁判の中で勝ち取ることは難しいと見込まれている。

アルバム『Dummy Boy』のリリースを控え音楽活動により精力を注ぐべきタイミングでの逮捕だが、アルバムは予定通り配信されるとのこと。これからの6ix9ineの運命やいかに?

related

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

6ix9ineが子供たちの支援団体に20万ドルの寄付を申し出るも拒否される

4月頭に釈放され、先週末には新曲のリリースを大々的に告知したことで話題を呼んだ6ix9ine。そんな彼の意外な一面としてチャリティに熱心であることが知られているが、今回、彼の新たなチャリティ活動が一騒動を巻き起こしている。

6ix9ineが新曲の広告をNYのタイムズスクエアに打ち出す

9つの罪に問われて収監され、その後ギャング仲間の余罪を密告するなどの司法取引を経て減刑を勝ち取り、また新型コロナウイルスの影響で予定より早く釈放されることに成功した6ix9ine。釈放後しばらくは大人しくしていた彼だったが、遂にというべきか本格的な活動を再開するようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。