6ix9ineが保釈金2億円の支払いを裁判官に拒否される

先日、連邦当局に逮捕された6ix9ine。現在、裁判が行われているが、彼の弁護士が提案した保釈金1.7ミリオンドル(約2億円)の支払いを裁判官が拒否したとCourthouse News Serviceが伝えている。

現地時間月曜日、彼の弁護士Lance Lazzaroが6ix9ineの預金口座から保釈金2億円を支払うことを裁判官のHenry Pitmanevenに提案したところ、拒否されたとのこと。

裁判官はこの理由として、6ix9ineが自由の身になることにより、それが社会の脅威となるリスクを無視することはできないと述べている。
また、保釈金の支払いは拒否されたものの、Lazzaroは6ix9ineのパスポートの失効に合意したため彼の逃亡の恐れは少ないと見られている。

そしてTMZによると、6ix9ineは現在、ブルックリンの拘留センターに収監されているそう。

アメリカ司法省曰く、彼が収監されているセンターは非常に暴力的な収監者が多く、「非常に凶悪な牢獄」と言われているとのことだが6ix9ineは大丈夫なのだろうか。

いずれにせよ、保釈金2億円というのはとてつもない額だが、それを拒否されたということは彼の犯した罪の重さがよほど重いことを物語っているといえるだろう。

Lazzaroは次の裁判に向けてすでに準備を始めているようだが、6ix9ineにはどのような結末が待っているのだろうか。

RELATED

PnB Rockが今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないと宣言

先日、ニューアルバム『TrapStar Turnt PopStar』をリリースしたPnB Rock。以前には、自身が現在のヒップホップシーンでソングライターとして5本の指に入ると発言し話題を呼んだ彼だが、そんな彼が今回、自身のTwitterにて今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないことを宣言した。

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。