6ix9ineが自身のクルー全員を解雇し全米ツアーの中止を発表

1週間後には自身初のスタジオアルバム『Dummy Boy』のリリースを控える6ix9ineが、ある決断を下した。

昨日、6ix9ineは自身のInstagramに動画を投稿。そして自身のクルー全員を解雇したことを明かしている。

WATCH IT ALL CRUMBLE @elpelonavila rescheduling for Austin 🙏🏻 DMV everything 🙏🏻🙏🏻

NOVEMBER 23RDさん(@6ix9ine)がシェアした投稿 -

「俺は全員クビにした。俺にはマネージャーもいないし、ブッキングを担当するエージェントもいない。渉外担当もいないし、広報担当もいない。俺のチームの全員がいなくなった。俺だけだ。」と少し怒っている様子で語った。

またこの動画で彼は予定されていた全米ツアーをキャンセルすることも宣言。
「もしお前がツアーのチケットを買おうとしているなら、俺が言うまでチケットを買うな。奴らはお前の金を盗むだろう。俺じゃない。俺はこんなクソみたいな契約にサインしてない。これは俺とは関係のないことだ。Tekashi69のチケットを買った皆の金が盗まれてる。俺と電話で話してないなら、チケットを買わないでくれ、俺のせいじゃない。これまで俺と一緒にいた奴のことなんて知ったこっちゃない。あいつらはもういない。」と何かしらの仲違いがあったことをほのめかしている。

何が原因でこのようなことが起きたのだろうか。
事の発端は今年の7月、6ix9ineが誘拐に遭い金品を強奪された事件だ。

TMZによると、実はこの事件の首謀者は2月に解雇された彼の元ボディーガードAnthony Jamel Ellisonだという。関係者の話では、Anthonyは6ix9ineが自身の金を自分のものにしていると思い、強盗を実行したとのこと。現在彼は逮捕され、起訴されている。

おそらく6ix9ineはこの件もあり、一旦組織をクリーンにしたのだと考えられる。仲間内でこのようなことが起こってしまったのは非常に彼も残念だろうが、次は良い仲間に恵まれてほしいものだ。

RELATED

PnB Rockが今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないと宣言

先日、ニューアルバム『TrapStar Turnt PopStar』をリリースしたPnB Rock。以前には、自身が現在のヒップホップシーンでソングライターとして5本の指に入ると発言し話題を呼んだ彼だが、そんな彼が今回、自身のTwitterにて今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないことを宣言した。

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

6ix9ineを世に出したスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が彼との関係やビジネスの戦略について語る

昨年より発覚した9つの罪によって未だに拘留を受け続けている6ix9ine。そんな彼のヒットのきっかけとなったシングル“GUMMO”のMVを世に出し、キャリアの初期からサポートを行ってきたスロバキアのレーベル「FCK THEM」の創設者が、いかにして6ix9ineと共にビジネスを行ってきたかについて語っている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。