Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並々ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

Snoop Doggは昨日、Instagramに一本の動画を投稿。ホテルの部屋でチルしている様子の彼は「よう。今からホワイトハウスに行って、ギャングスタなことをやりたくなった。ブランツを吸うんだ。やってもいいかな?3分以内に2万人がいいねを押してくれたらやってくるよ」とワクワクした様子で宣言した。

Should I do it ?? White 🏠

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

まもなく2万いいねが集まったようで、車に乗ってホワイトハウスに移動し、ホワイトハウス前の公園のベンチに腰掛けてゆったりとブラントをくゆらせ始めた。「ホワイトハウスの前で大麻を吸ってるぜ。ファック大統領」。

I had 2 do it pt 3

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

もちろん、公園で声を掛けてきた女性と一緒に写真を撮るなどファンサービスも欠かさない。

I had 2 do it pt 2

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

その後、全てを終えてホテルに帰還したSnoop Doggは一連の行動を振り返って「ホワイトハウスから帰ったぜ。全部がスムーズに行ったよ。部屋でNetflixを観てる。“Netflix & Chill”だ。時には、こんなことをしなくちゃならないのさ。やらなきゃいけなかった」とコメント。またも一服してご満悦な表情を映して動画を締めくくった。

Back from the White House 🏡

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

ワシントンD.C.では2014年以来マリファナは合法化しているが、公共の場での吸引は一応禁止となっている。そのため一連の行動は法的にはアウトだが、まあSnoop Doggだから良いのだろう。

今日もぶれないSnoop Doggであった。

related

G Herboがフルタイムのブラント巻き係を募集|日給100ドル、吸い放題の福利厚生つき

ジョイントやブラント、手巻きタバコといったものを巻くのは、手先の器用さを必要とする細かい作業だ。どうやらG Herboもその作業に煩わしさを感じているようで、自分のためにフルタイムでブラントを巻いてくれる係を募集している。

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。