Snoop Doggがホワイトハウスの前でマリファナを吸いトランプ大統領を罵る

トランプ大統領に対して並々ならぬ反感を抱いていることで知られているSnoop Dogg。先日の中間選挙を経て思うところがあったのだろう、反トランプの意思を表明するためにいかにも彼らしい行動を起こしている。

Snoop Doggは昨日、Instagramに一本の動画を投稿。ホテルの部屋でチルしている様子の彼は「よう。今からホワイトハウスに行って、ギャングスタなことをやりたくなった。ブランツを吸うんだ。やってもいいかな?3分以内に2万人がいいねを押してくれたらやってくるよ」とワクワクした様子で宣言した。

Should I do it ?? White 🏠

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

まもなく2万いいねが集まったようで、車に乗ってホワイトハウスに移動し、ホワイトハウス前の公園のベンチに腰掛けてゆったりとブラントをくゆらせ始めた。「ホワイトハウスの前で大麻を吸ってるぜ。ファック大統領」。

I had 2 do it pt 3

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

もちろん、公園で声を掛けてきた女性と一緒に写真を撮るなどファンサービスも欠かさない。

I had 2 do it pt 2

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

その後、全てを終えてホテルに帰還したSnoop Doggは一連の行動を振り返って「ホワイトハウスから帰ったぜ。全部がスムーズに行ったよ。部屋でNetflixを観てる。“Netflix & Chill”だ。時には、こんなことをしなくちゃならないのさ。やらなきゃいけなかった」とコメント。またも一服してご満悦な表情を映して動画を締めくくった。

Back from the White House 🏡

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

ワシントンD.C.では2014年以来マリファナは合法化しているが、公共の場での吸引は一応禁止となっている。そのため一連の行動は法的にはアウトだが、まあSnoop Doggだから良いのだろう。

今日もぶれないSnoop Doggであった。

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

ラッパーのルックスをおばあちゃんが評価する動画が話題|Snoop Doggには15点、DaBabyには1点

ラッパーを好きになる要素として、その人物の佇まいやファッションは小さくない部分を占める。誰しもルックスにはそれぞれの好みを持っているものだが、それは高齢の方にとっても同じであるようだ。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。