ScHoolboy QがMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止

今年中にニューアルバムをリリースすると噂されているScHoolboy Qが、友人のMac Millerの死を受けてアルバムの制作を一時的に中止することを発表した。

ScHoolboy Qはライブの最中にアルバムが遅れていることについて言及し、「俺は今まで2年ごとにアルバムをドロップしてきただろ?でも聞いてくれ、俺の友達がいなくなってしまって、今はアルバムを作れるような気持ちじゃないんだ」と、Mac Millerを失ったことを受け入れるための時間が必要だと明かしている。続けて、「今言えることは、俺はいま自分自身を見失っているんだ。今ここにいるべきじゃない。でも、Macは俺が悲しい気持ちで家に居ることは望んでいないはずだ。こういうとき、彼はいつも何か変なことをしてピエロになってくれるんだ。今日ここにいるのは、俺が家で座ってビッチでいることを彼が許してくれないからだ。俺はビッチになんかならねえよ」と、Mac Millerとの思い出と彼のためにライブをしようとする意志を示した。

“Gees”、“Friends”、“Melt”とMac Millerとのコラボレーションを多く行なっているScHoolboy Qにとって、アルバムを作るにはどうしても心の整理が必要となってしまうのだろう。彼は「俺は戻ってくる。そしてアルバムを出した時に答えを見つけ出すんだ。約束するよ」と、先にはなってしまうが必ずアルバムをリリースすることを宣言している。

Mac Millerの死を乗り越えたアルバムはどのようなものに仕上がるのだろうか?彼の心の整理がつくまで、ゆっくりとアルバムを待ちたい。

RELATED

A$AP Rockyの拘留を受けてTyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」と宣言

先日、スウェーデンにて迷惑な一般人の絡まれたことが原因で乱闘騒ぎを起こし、当局から拘留を受けているA$AP Rocky。そんな彼の状況を受けて、Tyler, The CreatorとScHoolboy Qが「スウェーデンにはもう行かない」との宣言を行った。 Complexによると、Tylerは...

Mac Millerのドキュメンタリー映画の制作が発表されるも遺族側が差し止めを要求

昨年の9月に突然この世を去ったMac Millerのドキュメンタリー映画を制作すると、映画監督のCJ Wallisが昨日発表した。

Schoolboy Qが「レビューなんてクソ食らえ」と語る

先月4月26日に、約2年ぶりとなるアルバム『CrasH Talk』をリリースしたSchoolboy Q。先日には、Big Boyがホストを務めるラジオ番組『Big Boy's Neighborhood』に出演し、ニューアルバムや父親であることについて語っていた。そんな中、彼が出演するCharlamagne Tha Godとの最新インタビューのトレーラーが公開された。Big Boyとのインタビューに引き続き、このインタビューで彼は『CrasH Talk』についてはもちろんのこと、メンタルヘルスや故Mac Millerについて語っているとのこと。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。