Frank OceanとTravis Scottの間でトラブルが発生するもすぐに仲直り

その完成度の高さと大ヒットによって今年を代表するヒップホップアルバムとなったTravis Scottの『ASTROWORLD』。豪華な参加アーティストを迎えて制作された同作だが、中でも“Carousel”におけるFrank Oceanの参加は話題を呼んだ。しかし、そんな両者の間で“Carousel”を巡る問題が発生してしまっていたようだ。

先週、“Carousel”の中の自身のボーカルのピッチが勝手に変更されていたことに不満を覚えたFrank Oceanが、そのパートを削除するよう求める停止通告書を弁護士を通じて送っていたというニュースがTMZによって報じられていた

当代随一のアーティスト二人の間に発生した問題とあってこのニュースは広く拡散されたが、Frank Oceanは先日9月14日に自身のTumblrにてそれを否定する声明を発表した。彼は「曲はクールだと思うよ。20分程度でレコーディングして、Travisが望むようなサウンドにミックスした。確かに停止通告書は送ったけど、それはサウンドが理由じゃない。セクシュアリティについての問題だ。僕とTravisの間の問題は先週自分たちで解決したよ」と、確かに問題が発生してはいたものの、当初報じられていたものとは異なる理由での出来事だったことを明かしている。

Frank Oceanが参加を断ろうとした理由は『ASTROWORLD』のアートワークにトランスジェンダーのモデルが参加したバージョンが使用されなかった一件が理由なのではないかという推測もなされているが、詳細は不明である。

Travis Scottもこの騒動を受けてInstagramにFrank Oceanのグッズの写真をアップしており、両者の間の問題は既に解決していることを示している。

Someone I call family and always will. Has taught me a ton. And a true inspiration in an out of the Stu Gang

flameさん(@travisscott)がシェアした投稿 -

ビッグネーム同士のビーフが続いている今日この頃だが、彼らが無事に関係を修復出来て何よりといったところだろう。

RELATED

Travis Scottがアルバム『Rodeo』のリリース4周年を記念しファンへメッセージ

先日、Netflixにて自身のドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』が公開されたばかりのTravis Scott。そんな彼が昨日、2015年にリリースしたデビューアルバム『Rodeo』の4周年を祝い、Twitterでファンにメッセージを送った。

Travis ScottはCardi Bにグラミー賞を奪われたことに対して怒ってはいないと関係者が明かす

先週、Netflixにて公開されたTravis Scottのドキュメンタリー『Look Mom I Can Fly』。その中で、Travis Scottがグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門を逃す場面があるのだが、現在そのシーンが波紋を呼んでいる。

『トラヴィス・スコット:Look Mom I Can Fly』| ヒューストンを愛する若きスーパースターの軌跡

昨年リリースのアルバム『Astroworld』で時代を代表するスターへと上り詰めたTravis Scott。そんな彼の軌跡を描いたドキュメンタリー『トラヴィス・スコット:Look Mom I can Fly』がNetflixで配信されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。