STUDIO VOICEがアジアから生まれる音楽の現在を伝える特集号を刊行

9/20(木)にSTUDIO VOICEの最新号が発売となる。今号では「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」と題して、アジア圏で生みだされている現在進行形の音楽について、その現場をさまざまな角度からルポルタージュする。

中国・上海ではクラブALLを中心に独自の進化を遂げるベース・ミュージック・シーンのいまをレポート、Do Hits!のHowie Leeや多彩なバックグラウンドを持つプロデューサーのTzusing、またヒップホップ熱が高まる四川省の都市・成都をフィーチャー。

フィリピンの首都・マニラでは、急速に成長するローカルのインディー・シーンからプロデューサーのEyedressやJess Connelly、Mellow Fellowなどの現地取材を行い、タイのヒップホップシーンではProject ONE MEKONのクルーと共にバンコクとイサーンのラッパーを訪問した。

他にも台湾・台北からはSmoke Machine、Bass Kitshen、韓国・ソウルからはSeoul Community RadioとVISLA Magazine、インドネシア・ジャカルタからはYes No Wave Music、そのほかベトナム・ ホーチミン、インド・ムンバイなど、東アジアを中心としたさまざまな都市の動向を浮き彫りにしている。

Info

STUDIO VOICE
特集「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」

[仕様]判型:A4変型・平綴じ/定価:537円+税/貢数:208ページ/発刊:2018年9月20日(木)/発行:株式会社INFASパブリケーションズISBN978-4-904843-24-6/取扱:全国書店&ショップ、およびオンライン

RELATED

カルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』が創刊 | 菊地成孔やDOGMA、JNKMNなどが登場

9/6(金)にカルチャー&タトゥーマガジン『SUMI』(スミ)の創刊号が発売される。

関係や絆をテーマにした雑誌『PARTNERS』の第2号が刊行 | テーマはコミュニケーション

2017年に創刊した関係や絆にテーマにしたインタビュー雑誌『PARTNERS』の第2号が、6/28(金)に刊行される。

都市文化批評誌『Rhetorica』が「棲家」をテーマにした最新号を発売

2012年に発足した、思想/建築/デザインを架橋しながら批評活動を展開するメディア・プロジェクトRhetoricaから「棲家」をテーマにした最新号が発売となった。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。