ベストサマーチューン 2018 Selected by UMMMI.

FNMNLの夏の恒例企画『ベストサマーチューン』。アーティストやブランドデザイナー、ショップオーナーなどの方々が、思い思いの2018年の夏の1曲をピックアップ。暑すぎる今年の夏のお供に選ばれるのは、一体どんな楽曲たち?

アーティスト/映像作家で愛、ジェンダー、個人史と社会を主なテーマに、フィクションとノンフィクションを混ぜて作品制作を行っているUMMMI.の今夏の1曲。

Umfang - "Freak is Out”

コメント

「公園でアシッドをして、夕飯に鳩を捕まえて食べるっていうのはどうだろう」「高級ホテルの一室でテクノを微音で流しながら、汗だくでマクドナルドのデリバリーを頼むっていうのはどうだろう」こうしてなかなかロマンチックな、おそらく叶わないだろうプランを話しながらビールを永遠に飲み続ける、でアタシの「ほんとうの」夏が始まった。この季節のロンドンの夜は21時でもまだずうっと明るくて、生きてることを許されている気持ちになる。友人と酒を飲みながら思いつく限りのくだらない遊びを出し合いっこしていて気づくと朝4時、それでもアタシたちはまだ飲み足りなくて、二人きりだというのに長年友人であるせいでまったくセクシーな気持ちにもならず、お互いがとにかく夜を続けたいっていう理由だけで仕方なく終わりかけのパーティーに行くことに決める。いつだって終わらないパーティーを求めている、こんな夜のとっておきのために。

デロデロでふたりとも足が上手く運べない。Uber、Uber、Every where、と舌ったらずにアタシは歌を口ずさみ、友人はそれを見てゲラゲラ笑いながらアタシをUberに押し込む。4時半を回っていたパーティーのフロアには踊り狂っている人が1人だけいて、もう終わりが近いというのにDJはその人のためだけにハードコアなガバを、もしかして永遠に終わらないんじゃないかってくらいの大音量で鳴り響かせていた。アタシたちは到着して出鼻を挫かれた気になる。酔っ払いすぎて踊るって感じでもなくなっちゃって、もっと早く来ればよかった!とかなんだとか文句を言いながら、さらにビールを身体に流し込む。この街にはウーロンハイもレモンサワーもなくて、ビールばかり飲んじゃうなあ。遠くに聴こえるガバをBGMに、外でタバコa.k.aフレッシュな空気を吸う。友人は「ガバエレガンザがベルクハインで僕の音楽を流してくれたんだ」と、自慢げにたくさんガバのウンチクを話してくれる。

とつぜん音が止まる。するとさっきまで自慢げだった友人は急に顔色を変え、アタシを一人置いてすげーダサい走りを披露しながら大慌てでフロアに戻る。「夜を終わらせないでくれ!」あはは、声も裏がってる!アタシは静まり返ったフロアでひとり笑っちゃう。友人はどこまでも生真面目すぎる顔でDJを見つめている。さっきまで踊り狂っていた、たった1人のオーディエンスはいつのまにか床で眠っていた。そして変な帽子をかぶったメガネのDJは、無表情にアタシたちをちらっと見て、少し迷ったあとに「Freak is Out」を流すのだった。

告知

9月20日@IMA Brisbane, ブリスベン 短編映画「永遠に関する悩み」上映

9月22日 @Close Up Cinema, ロンドン 短編映画「デスクトップトレジャー」上映

10月TBA @イメージフォーラム, 東京 中編映画「忘却の先駆者」上映

UMMMI.

アーティスト / 映像作家。愛、ジェンダー、個人史と社会を主なテーマに、フィクションとノンフィクションを混ぜて作品制作をしている。

 

RELATED

kamuiのソロ作からTohjiをフィーチャーした"Salvage"のUMMMI.が監督したミュージックビデオ

元TENG GANG STARRのkamuiが、4月にリリースしたアルバム『I am Special』から"Salvage feat. Tohji"のMVが公開となった。 監督は若手映像作家としてロッテルダム国際映画祭や英テレビBBCで作品を発表し、先日、新作映画『ガーデンアパート』で長編デビ...

イベント『Making-Love Club』が6月に開催 | Utaeやpavilion xool、UMMMI.、歌代ニーナなどが出演

モデルの中川えりなを中心にスタートしたイベント『Making-Love Club』が、6/6に東京・渋谷のLOFT HEAVENで開催される。

ロッテルダム国際映画祭「輝く未来」部門に選出された石原海(UMMMI.)監督『ガーデンアパート』全国公開へ

映像作家として現在は拠点をロンドンに移して活動するUMMMI.(石原海)の映像作品が、6/7テアトル新宿を皮切りに全国順次公開されることが決定した。 本作品は2018年の大阪アジアン映画祭にてプレミア上映され、2019年には「映像作家の登竜門」としてインディペンデント映画ファンから注目される...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。