PUNPEEのワンマンライブ『Seasons Greetings’18』のダイジェストムービー

PUNPEEが東京・新木場STUDIO COASTで開催したワンマンライブ『Seasons Greetings’18』の、ダイジェストムービーがBlack FileのYouTubeチャンネルで公開された。

昨年のツアー時にも出演していた原島“ど真ん中”宙芳とDJ ZAIの2人のバックDJに加え、今回はドラマーのなかじまはじめと、ライブミックス担当としてIllicit Tsuboiが参加。

巨大なLEDスクリーンも設置され、新保拓人などによる映像の演出が1曲ずつにつくという嬉しい演出の下で、アルバム『MODERN TIMES』からの楽曲や、PSG、そしてKendrick Lamarの"HUMBLE."のビートジャックなども披露した。

PSGの5lack、GAPPERに加え、ISSUGIやRAU DEFや、さらに曽我部恵一、tofubeats、koedawgまで登場した濃厚なライブの10分間のダイジェストは下記で観ることができる。

related

PUNPEEが新曲"フレンヅ"を「THE FIRST TAKE」で披露

PUNPEEが昨年12月にリリースした新曲"フレンヅ"をYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で披露する。

「THE FIRST TAKE」にスカートとPUNPEEが登場|“ODDTAXI”をオリジナルアレンジ&一発撮りで披露

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の第179回に、スカートとPUNPEEの出演が決定した。

【インタビュー】増田岳哉 (SUMMIT) Interviewed by PUNPEE

ヒップホップレーベルSUMMITが今年10周年を迎えた。先日もインタビューを掲載したSIMI LABをはじめ、抜群の個性を誇るアーティストたちと共にSUMMITの10年を走ってきたのが設立者でA&Rの増田岳哉だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。