Mac MillerがAriana Grandeの婚約を祝福

今年の5月に、パートナーであったAriana Grandeとの破局が伝えられたMac Miller。その後Ariana GrandeはコメディアンのPete Davidsonとの婚約を発表したが、今回Mac Millerがその件について初めてコメントを発表した。

Beats 1のZane LoweのインタビューにてGrandeの婚約について尋ねられたMac Millerは、「奇妙な感じだ。全てがちょっと変なように感じられるけど、でもネガティブな気持ちは無いよ」と発言。続けて、「あれは、俺が俺であり続けることを助けてくれる物の一部でしかないんだ。ポジティブな力だよ。俺は彼女を祝福しているし、彼女が自分の人生を歩むのと一緒に前に進んで行くつもりだ」と、彼女と共に自身も前に進んで行くという意志を示した。

Mac MillerとAriana Grandeの二人は、共に大きな名声を手にしながらもごく普通の関係を築いていたという。Mac Millerは「辛い時間を過ごしながらも俺は彼女のことが好きだった。俺たちは二年間付き合って、楽しい時間も辛い時間も、ストレスも何もかも共に向き合ってきた。やがてそれが終わって、俺たちは別の道へ進んでいったんだ。シンプルなことだよ」と、彼女と過ごした時間を振り返った。

5月に起こした飲酒運転事故についても尋ねられた彼は、「俺はあの柱に突っ込む必要があったんだ。それで、文字通り全てのことがストップすることになった。俺は今まで、何があっても全ていい結果を迎えてきた。確かにバカなミスをしたけど、俺は人間なんだ。酒を飲んで家まで運転するようなね。でも、あの事故はあの時起こり得る中で最高の出来事だった。俺にはあれが必要だったんだ」とコメントしている。

最新作『Swimming』のリリースを来月控えているMac Millerだが、それにしても彼には幸せになって欲しいものだ。

インタビュー全体は以下の動画で観ることが出来る。

related

故Mac Millerの遺作『Swimming』と『Circle』のアナログボックスセット『Swimming in Circles』が発売

2018年、突如としてこの世を去ったMac Miller。彼が死の直前にリリースしたアルバム『Swimming』と、今年1月に最後のアルバムとしてリリースされた『Circles』の2作のアナログバージョンをまとめたボックスセットの発売が、Mac Millerの遺族によって発表された。

故Mac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』の10周年を記念しアナログバージョンがリリース|未発表曲2曲を追加したデラックスバージョンも配信

2018年にこの世を去ったMac Millerのデビューミックステープ『K.I.D.S.』のリリースから、今年で10周年。今回、そんな同作のアナログバージョンと、未発表曲2曲を追加したデラックスエディションがリリースとなった。

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。