2Pac殺害事件の犯人を知っていると元ギャングが告白

死後20年が経過しても今なお言及され続けるヒップホップシーンのレジェンド2Pac。ラスベガスで銃撃を受け殺された2Pacだが、懸命な捜査にもかかわらずこの事件の犯人は未だに逮捕されていない。

しかしこの事件の真犯人を知っているとある元ギャングが告白している。

Esquireによればコンプトンの元ギャングで、ドラッグディーラーだったKeefe Dが、Netflixでも放送されているドキュメンタリードラマ『Unsolved: The Tupac and Biggie Murders』で、真犯人について証言している。Keefe DことDuane Keith Davisは、2Pac殺害事件の犯人と有力視されていたOrlando Anderson(1998年に銃撃を受け死亡)の叔父でもある。

Keefe Dは2Pac殺害に使用された車に乗っていたと語っているが、「ストリートの掟」により、名前は明言できないと述べている。

「がんを患っており、失うものは何もない」と語るKeefe Dは、自身が2Pacの事件の真実を知る最後の1人だとも語っていて、もし彼の言うことが真実なら彼が亡くなったら、この事件を直接的に知っている人は誰もいなくなるということになってしまう。では犯人はすでに亡くなっており、それはやはり甥のOrlando Andersonなのだろうか。

この告白を受け、KTNVが2Pac殺害事件の逮捕が迫っていると報道をしているが、捜査を担当しているラスベガス警察はその報道を否定している。最後の関係者の告白により、捜査は新たな展開をみせるのだろうか?

 

related

2Pacについての発言でバッシングを受けた民主党のハリス副大統領候補を彼の遺族が擁護

アメリカでは先日、大統領選に向けた副大統領候補同士の討論会が行われた。トランプ陣営のマイク・ペンスとバイデン陣営のカマラ・ハリスとの討論は大きな注目を集めたが、同時にハリス副大統領候補がとある発言をきっかけに、また別の話題を呼んでいた。

民主党のハリス副大統領候補が「2Pacは生きている中でお気に入りのラッパー」と発言したことについてトランプ陣営が揚げ足を取る

11月3日の大統領選挙が迫るアメリカ。先日はトランプ現大統領とバイデン候補との討論会が「史上最悪の候補者討論会」として世界中で物議を醸したが、本日はマイク・ペンス現副大統領と民主党のカマラ・ハリス副大統領候補との討論会が行われる。そんな中、トランプ陣営とハリス副大統領候補との間に何故か2Pacの話題が浮上しているようだ。

2Pac出演の名作『JUICE』初のBlu-ray&DVD化が決定

2Pac出演の1992年製作の映画『JUICE』の、日本初Blu-ray&DVDが5月8日(金)に発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。