説教をラップで行うケニアの司祭が教会から謹慎を命じられる

ケニアの南部の教会の司祭であるFather Ogaloはとある理由で、人々に人気の司祭だ。その理由とは、Father Ogaloは集会でラップで人々に説教をしているからである。

Father Ogaloは理由について、若者達が教会と結びついていると感じることを助けるためだと話している。

そんな中、Father Ogaloが属する教区のトップBishop Philip Anyoloが「説教中にラップをすることは許されていない」とCNNに語った

さらに、Bishop Philip Anyoloは「Father Ogaloには、教会に戻ってくる前に、自らの方法を見つめ直すための1年間の休暇を与えた。我々は彼を説教から外し、ラップをするという彼の方法を変える時間を与えたのだ」とFather Ogaloに、実質的な謹慎処分を与えていることも明かしている。

ここ数年、Father Ogaloは人気司祭として数々のラジオやテレビ番組に出演し、世界中から称賛されていた。その中で、彼の謹慎が報じられ、Ogaloの支持者達はケニアのカトリック教会に対し“独裁的だ”と怒りを露わにしている。

アメリカを筆頭に、ヒップホップと宗教は切っても切り離せない関係であることは周知の事実だ。これまでも様々なアーティストが教会にインスピレーションを受けて、曲やビデオをつくってきた。Father Ogaloはこの謹慎についてのコメントは出していない。

Ogloが説教でラップを行う様子はこちらから観ることができる。

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

会社のクレジットカードを不正利用しSNSのフォロワーなどを買い成功したラッパーに見せかけていた男が逮捕される

ラッパーとして活動する人の多くは、いつか大きな成功を収め豪華な暮らしを送ることを夢見ているはずだ。しかし、中には会社の金を横領しラッパーとしての架空のキャリアをでっち上げる猛者も存在するようだ。

ニューヨーク州がブロンクスのヒップホップ博物館に370万ドルの助成金を支給

昨年ブロンクスに建設されることが発表され、2023年のオープンが予定されているヒップホップの博物館『Universal Hip-Hop Museum』。今回、同博物館にニューヨーク州が助成金を支給することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。