今年のXXL FreshmanについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメント

毎年の恒例企画であるXXL Freshmanが先日発表され、Lil PumpやSmokepurpp、Blocboy JBやSki Mask The Slump Godなどのラッパーが表紙を飾ることになったが、これについてJoey Bada$$と2 Chainzがコメントしている。

Complexの番組”Open Late with Peter Rosenberg”に登場したJoey Bada$$は、今回選ばれたメンバーについて「今回選ばれたみんなにはとても才能がある。俺が言いたいのは、XXLの未来は明るいし、俺はそこにいる全員が大好きだ。俺の意見としてはそこにもう何人かいて欲しかった人はいるけど、彼らにとっては必要なかったってことだろう。」と述べている。

自身も2013年のFreshmanに選ばれた経験のある彼は6ix9ineとLil Skiesの二人をリストに含まれるべきだったメンバーとして挙げており、Lil Skiesが辞退したことについては、「いいと思う。それは彼のキャリアを傷つけないだろうし、選ばれたのに辞退したことによってより目立つことになったから。」とあくまでも好意的なコメントを残した。

2 ChainzはInstagramにて今年のFreshmanについて言及し、「Lil Baby、6ix9ine、Tee Grizzley、Moneybagg Yo、NBA Youngboyは選ばれるべきだった」と語り、「この表紙は絶対じゃないけどみんなリスペクトしているし、俺もきっと何人か忘れてるだろうけど名前を挙げたやつらはチェックし続けるべきだ」と五人へのエールを送っている。

現在のヒップホップにおいて重視される大きな要素にネット上でのバズがあり、今年のFreshmanはその傾向が如実に現れたものだといえる。SoundCloudラップシーン出身のラッパーが大多数を占める今回の人選には賛否両論が見られるが、Joey Bada$$の好意的なコメントや2 Chainzのようなベテランがそのようなシーンの現状に対しリスペクトを見せているのは興味深いといえるだろう。

related

2 Chainzの新作をKanye Westが全曲プロデュースする予定であったことが明らかに

来週金曜日にニューアルバム『So Help Me God』をリリース予定の2 Chainz。そんな彼が、Kanye Westとアルバムを制作するプロジェクトを始動させていたことを明かした。

今年のXXL Freshmanたちが人種差別や警察による暴力についてディスカッションする動画が公開

毎年の恒例であり新鋭ラッパーの登竜門となっている人気企画「XXL Freshman」。今年はJack Harlow、NLE Choppa、Polo G、Calboy、Baby Keem、Mulatto、Rod Wave、Lil Keed、Chika、24kGoldn、Lil Tjay、Fivio Foreignが選出されたが、今回、今年のFreshmanたちが人種差別や警察による暴力の現状についてディスカッションする動画が公開された。

今年のXXL FreshmanにPolo GやNLE Choppa、Jack Harlow、Fivio Foreign、Mulattoらが選出|選出予定であった故Pop Smokeへの追悼文も発表

新鋭ラッパーの登竜門となっている、XXLによる毎年の恒例企画「XXL Freshman」。毎年どのラッパーが選出されるか注目の的となる同企画の、今年のFreshmanたちがついに発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。