TDEのプロデューサーSounwaveが初めてKendrick Lamarのラップを聴いた時のことを振り返る

今年ラッパーとして初のピューリッツアー賞を受賞するなど、前人未到の道をいくKendrick Lamar。彼のレーベルTDEのプロデューサーであるSounwaveが、Rollingstoneのインタビューで初めてKendrick Lamarのラップを聴いた時のことを振り返っている。

KendrickとSounwaveが初めて出会ったのは13年前のこと。当時17歳だった彼と当時19歳だったSounwaveはLA郊外のスタジオで出会い、一緒にセッションをすることになったという。

真剣そのものだったというKendrickに対しSounwaveはAaronの1977年の楽曲"Rock and Roll Gangster"をネタにしたビートをプレイしたと振り返っている。ビートを聴いたKendrickはすぐさまブースに飛び込み、ラップをスタートさせた。Sounwaveは「Kendrickが最初の数バースをラップしたあとに、スタジオにいた全員が動きをとめ、彼に見入っていた」と振り返る。2分間ラップしていたKendrickについてSounwaveは「おれがこれまで見た中で最もハングリーな人間だった。おれはビートをプレイするのを止めて彼の名前を聞いた」と評している。

この1年後にKendrickとSounwaveは、TDEの最初のスタジオで再会、お互いまた会えたことを喜んだという。そしてこの日KendrickはTDEのオーディションを受け晴れてメンバーになり、そこからドラマがスタートしたという。

 

related

Kendrick Lamarらによる新会社pgLangがCalvin Kleinとコラボしたショートフィルム8本を公開

昨年、Kendrick LamarやBaby Keem、ビデオディレクターのDave Freeらによって設立が報じられた新会社pgLang。そんな同社がCalvin Kleinとコラボして制作した8本のショートフィルムを先週公開した。

Kendrick Lamarのエンジニアが「彼には6枚アルバムを作れるだけの未発表曲がある」と明かす

長らく新作のリリースを待ち続けられているKendrick Lamar。アルバムは未リリースながらコンスタントに制作を行い続けているという彼は多数の未発表曲の存在が噂されているが、今回、彼のエンジニアをキャリア開始当初から務めているMixedByAliが未発表曲の数について語っている。

Kendrick Lamarが新作のリリースに時間がかかる理由を語る

長らく新作のリリースを待たれていながら未だ実現に至っていないKendrick Lamar。先日は所属レーベルTDEからの離脱の噂が報じられ(後に否定)話題を呼んだが、今回、そんな彼がインタビューの中で新作や新会社pgLangについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。