DiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityのデビューシングル"Only Can Get Better"が公開

共にDJやプロデューサーとしても世界トップクラスの人気を誇るDiploとMark RonsonによるコラボプロジェクトSilk Cityが、デビューシングル"Only Can Get Better"を公開した。

DiploとMark Ronsonの出会いは15年以上前、DJとして出会った2人はその後世界中で活躍するアーティストとなった。Diploは長年親交のあるMark Ronsonと「再会し音楽を作れることが嬉しい」とコメントしている。

オーストラリアのシンガーDaniel Merriweatherがフィーチャーされたデビュー曲、"Only Can Get Better"はディスコをアップデートさせた爽快なダンスチューン。Silk Cityに関してDiploは「偉大なダンスミュージックの都市であるシカゴ、ロンドン、パリ、デトロイトに敬意を表したプロジェクト」だと説明している。いずれの都市もハウス、テクノ、ディスコ、ガラージなどを生み出してきており、今後リリースされる楽曲にもそうしたサウンドを聴くことができるだろうか。

RELATED

【ライヴレポート】『LIVE in JAPAN 2018 星野源 × MARK RONSON』| 国境を越えて共鳴するモダンなポップミュージック

星野源とマーク・ロンソンのダブルヘッドライナー公演「LIVE in JAPAN 2018星野源×MARK RONSON」が12月17日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて開催された。

Diploが「次のアルバムがMajor Lazerの最後の作品になる」と発言

言わずと知れたトップDJのDiplo率いるMajor Lazer。2008年から現在に至るまでダンスミュージックシーンのトップを走り続けてきたこのユニットが、次回作で活動を終了するという。

Diplo率いるMajor Lazerがアフロビーツミックスをリリース | Burna BoyやMr. Eaziとのコラボチューンも

ダンスホールやヒップホップ、R&Bなどと結びつき新しいサウンドが続々と生まれているアフロビーツシーン。そのシーンについてMajor LazerのDiploは近年アフリカ・ナイジェリアなどを訪問し、当地のアーティストたちと交流を深めてきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。