PLACES+FACESのPOP UPが開催 | パーティーにはANARCHYなどが出演

ロンドンを拠点とする写真家のCiesayが率いるフォトグラフ/アパレルプロジェクトのPLACES+FACESが、5/25(金)から渋谷のセレクトショップPULPでPOP UPを開催する。

世界中のヒップホップカルチャーを撮り続け、ストリートシーンのリアルを追ってきたPLACES+FACESは、Wiz KhalifaやA$AP Rocky、Playboi CartiからLIl Yachtyまで多くのアーティストのショーやステージ裏での自然体な姿を切り取ってきた。

元々彼らのクルーが着用するために作ったオリジナルのアパレルアイテムは、大きな反響を呼んでおり、今回PULPでは、コアコレクションとPLACES+FACES5周年記念コレクションの2回に分けて限定展開。コアコレクション発売時にはデザイナーを招いたスペシャルイベントを開催する。

IMG_1074
S/S Tee Price:¥7,500 (w/o tax) Color : Black,White,Red, Navy
IMG_1082
L/S Tee Price:¥9,500 (w/o tax) Color:Orange,Green
IMG_1098
LOGO HOODIE Price:¥12,000(w/o tax) Color: Red, Black, White
Belt (1)
LOGO BELT Price:¥7,000 (w/o tax) Color: Red, Black,White
Cap
Baseball Cap Price:¥6,500(w/o tax) Color: Black, White
IMG_1100
Shoulder Bag Price:¥6,000 (w/o tax) Color: Black

また初日には東京・渋谷のTRUMPROOMで、ANARCHYや主宰のC!ESAY、DARQ E FREAKERなどが出演するパーティーも行う。

Info

Main

PLACES+FACES TOKYO POP UP Opening Party

Place: PULP

Date: 5月25日 (金) 20:00-21:30

MEET & GREET / DJ

*一般入場可能

Party_Trump

PLACES+FACES PARTY TOKYO

Place: TRUMPROOM

東京都渋谷区神南1-12-14

Date:  5月25日 (金) 23:00-05:00

Door: \3000

Line up

[Main Floor]

SUSPECT

ANARCHY

C!ESAY

DARQ E FREAKER

DJ DEFLO (SD JUNKSTA)

DJ REN

MARZY (YENTOWN/PRPR)

YUKIBEB (SOULECTION)

[2ND FLOOR]

1SAIL (FAF/YOUTHQUAKE)

MAYU KAKIHATA (DISK UNION)

MINNESOTAH (KANDYTOWN)

SOUSHI

TARO

UNA+MATCHA

*20歳未満の方の入場は一切お断りさせていただきます。

*ご入場時、すべての方にIDチェックを実施させていただきます。 写真付きの身分証明書をご持参ください。

related

BoTTがブランド初となるPOP UPを伊勢丹新宿店メンズ館にて開催

ユースを中心に注目を浴びるストリートウェアレーベルBoTTが、ブランド初となるPOP UP『BoTT POP-UP STORE in ISETAN MENʼS』を6月9日(水)〜6月22日(火)の期間、伊勢丹新 宿店メンズ館にて開催する。

コメダ珈琲店とWHIMSY SOCKSとのPOP UPがBEAMS T HARAJUKUにて開催

愛知県名古屋発祥で全国に850店舗以上を展開するおなじみの喫茶チェーン・珈琲所 コメダ珈琲店と、ソックスを中心に展開しストリート業界でも注目を集めている大阪発祥のスケートブランドWHIMSY SOCKSとのPOP UP SHOPが、6月4日(金) よりBEAMS Tにて開催される。

Heron Preston for Calvin KleinのPOP UPが原宿にて開催中

Heron Preston for Calvin KleinのPOP UPが、原宿にて6月13日(日)まで開催中だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。