ナカコーのアンビエントプロジェクトNyantoraが7年ぶりの全国流通アルバムをリリースへ

ナカコーのアンビエントプロジェクトNyantoraが、7年振りとなる全国流通アルバム『マイオリルヒト』を6月にリリースする。

2001年のスーパーカー時代にスタートさせたNyantoraは、自身の中で最長キャリアとなるプロジェクト。音像・位相・定位移動・振幅など緻密な計算の上に、ビートの融解化とアンビエントの音響彫刻化を表現した作品に。

Nyantoraとして最近はライブもスタートさせ、FUJI ROCK FESTIVAL,RISING SUN ROCK FESTIVALOTO TO TABIや、トリエンナーレにも出演、Nyantora+duennとしてのライブ音源がベルギーのエクスペリメンタルレーベルEntr’acteからリリースされ、海外での評価も広がっている。

Info

MLT-1001-1

アーティスト名 : Nyantora

アルバムタイトル : 「マイオリルヒト」

発売日 : 2018年6月20日

品番 : MLT-1001

価格 : 2000yen + 税

■収録曲

01.Mai Oriru Hito (24:10)

02.Sorewa Kisezushite (4:23)

03.Bonten (5:50)

■OFFICAL HP

http://kojinakamura.jp/

related

NENEがEP『夢太郎』のリリースを記念してオンラインライブを開催 | Koji Nakamura、estra、Ryugo Ishidaが参加する実験的なマシーンバンドセットを披露

7月にソロEP『夢太郎』をリリースしたNENEが、同作から初披露となるライブを8/28(金)にオンラインで生配信する。

Koji NakamuraことNyantoraとduennによる『Hardcore Ambience』が青森県の十和田市現代美術館で開催

Koji NakamuraことNyantoraと福岡のサウンドアーティストduennによる共催イベント『Hardcore Ambience』がスピンオフ企画を8月17日(土)に青森県の十和田市現代美術で開催する。

Koji Nakamuraが最新アルバム『Epitaph』から写真家の金村修が監督した"Lotus"のミュージックビデオを公開

ナカコーことKoji Nakamuraが6月26日にリリースした最新アルバム『Epitaph』から"Lotus"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。