Cardi Bのデビューアルバム『Invasion of Privacy』が予想以上の売り上げで全米1位を獲得へ

先日リリースされたCardi Bのニューアルバム『Invasion of Privacy』が最新の全米アルバムランキングで初登場1位を獲得する見込みのようだ。

Hits Daily Doubleが報じたところによれば、アルバムの初週売り上げは21万5000枚から22万5000枚相当になる予想でビルボードのトップに立つだろうとのことだ。

当初、アルバムの初週売り上げは17万枚から20万枚くらいと見積もられていたが、ふたを開けてみればその予想を上回る結果になりそうで、Cardi Bの勢いを伺いしれることができる。

予想通りの結果になれば、Cardiは今年、初週に1番売り上げをあげた女性アーティストで、全体でみてもMigosについで2番手。

この快挙はアトランティックレコーズ所属する女性アーティストでは2012年にNicki Minajが成し遂げてから5人目になる。

今週末、CardiはCoachella初ステージを披露する予定だが、彼女は自身のライブセットに30万ドル(約3000万円)かけると宣言していたので、どのようなライブをしてくれるのか見物である。

related

Cardi BとOffsetが正式に離婚か|裁判所に申請書類が提出されたと報じられる

Offsetの浮気を原因に、一時破局していたことが話題となっていたCardi BとOffsetの夫妻。その後カウンセリング等の取り組みが実を結び復縁を迎えたが、今回、そんな二人が正式に離婚届を提出したことが報じられている。

Cardi BがMegan Thee Stallionとのコラボ曲”WAP“を聴いているトランプ支持者のファンを煽る

先日リリースされて以来大ヒットを記録した一方、リリックの内容が物議を醸すことにもなったCardi BとMegan Thee Stallionのコラボ曲“WAP”。そんな同曲を聴いていたとある人々に、Cardi Bが噛み付いている。

City Girlsが「女性の性的なリリックが批判されるのは男性が女性を恐れているから」と語る

先日、Cardi BとMigan Thee Stallionによるコラボ曲”WAP“のリリックがCeeLo Greenによって批判されたことが大きな話題となった。性的な言葉を多分に含む楽曲が議論の対象となる中、先述の二人と同じくセックスポジティブなリリックを特徴とするCity Girlsの二人が、これらの批判について持論を語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。