Chief KeefとMike Will Made-Itがケンダル・ジェンナーにラッパーになることを勧める

現在ラッパーになるハードルは下がっており、Bhad BarbieやRich ChiggaなどSNSで話題の人物などがラッパーになり成功を収めるパターンは数多くなっているが、もし大人気モデルのケンダル・ジェンナーがラッパーになったとしたらどうだろうか?

まだジェンナーはラッパーとしてはキャリアは築いていないが、すでに活躍にお墨付きを与えている人物がいる。Chief Keefだ。

KeefはTwitterになんの前触れもなく、「おれはのケンダル・ジェンナーはラップを始めた方がいいと思う」とツイート。SNSで圧倒的な存在感をほこるジェンナーの影響力や、義兄弟にTravis ScottやKanye Westがいる環境もかなり有利に働くかもしれないことをKeefは察しているのかもしれない。

しかしKeefのこのツイートに対しては懐疑的な声が上がっている中で、賛同の声をあげたのが天才プロデューサーのMike Will Made-Itだ。

Mike Willは「兄弟、おれは彼女に3~4年前に言ったことがあるよ」と、すでに本人に直接伝えていることをツイートした。この2人のサポートがあれば、ケンダルの活躍は間違いないだろう。ケンダルは先日公開されたLil Dickyの最新シングル"Freaky Friday"で軽くラップを披露している。Keefはこの楽曲をもしかしたら聴いていたのかもしれない。

related

Chief KeefとMike WiLL Made-Itによるコラボアルバムがリリースへ | 先行シングル"Bang Bang"を発表

先日25歳の誕生日を迎えたばかりのChief Keefと、2010年代を代表するプロデューサーの1人であるMike WiLL Made-Itがコラボアルバムをリリースすると発表した。

Mike Will Made Itが「Swae Leeが次のアルバムのために700曲以上を作った」と語る

ラッパーが制作した楽曲の数について過剰な数字を言うことで、技術や制作スピードの速さをフレックスすることは珍しくない。例えばYoung Thugは以前「これまでに15000曲をレコーディングした」との発言を行なっており、またAnderson. Paakの「65000曲のストックがある」という衝撃の言葉も話題を呼んだ。今回、ニューアルバムの制作を終えたばかりのSwae LeeについてMike Will Made Itが驚くような発言をしている。

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。