PUMAとSEGAがパートナーシップ締結を発表 | ソニック・ザ・ヘッジホッグとRS-0のコラボが実現

PUMAとゲームメーカーのSEFAがパートナーシップを締結したと発表した。

このパートナーシップが実現した背景には、両者が復刻ものを積極的に手掛けていることがあげられる。PUMAは来月80年代に登場した RS(ランニングシステム)シリーズの復刻である新しいRS-0を発売する予定となっている。

SEGAは同社を代表するキャラクターであるソニック・ザ・ヘッジホッグを、ファッション、ライフスタイル、アートの分野のハイエンドで著名なブランドと提携させるという継続的な取組み改めて強調した。

SEGA Europeのブランドライセンス担当ディレクターのジェイソン・ライスは「このPUMAとのパートナーシップは、ソニックをスニーカーカルチャーへ浸透させ、新しいファンにソニックを知ってもらう機会をもたらしました」と述べ、

PUMAのブランド&マーケティングディレクターを務めるアダム・パトリックは「私たちは、SEGAのような長い歴史を持つ楽しく革新的なブランドとパートナーシップを組むことを嬉しく思ってい ます。私たちは、SEGAと同じくいつも限界を超えて押し進んでおり、このコラボレーションの素晴らしい結果を非常に誇りに思っています」と付け加えている。

先日開催されたSXSW(South bysouthwest)で初公開された両者のコラボを発表したティザービデオもYoutubeにアップされている。

ソニック・ザ・ヘッジホッグとのコラボレーションモデルRS-0XSONICの詳細は後日発表される。

RS-0 SONIC-Still-1920x1080_00752

related

adidasとHYKEが3年ぶりのコラボレーションでUltraboostなどを発表

adidasがウィメンズブランドのHYKEと2016年シーズン以来となるコラボレーションを発表し、5/27(水)から日本先行販売する。

adidasとPalaceの最新コラボレーションはスケートアイコンLucas Puigの活動20周年を祝したモデル

スポーツパフォーマンスラインで成功を収めた一連のコラボレーションに続き、adidasとPalaceの最新コラボレーションは原点であるスケートボーディングに戻り、 スケートアイコンのLucas Puigとのコレクションを発表。

Reebok eightyoneからINSTAPUMP FURYや夏にむけたアパレルが登場

ファッションブランドVAINL ARCHIVEの大北幸平をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にした2020年春夏よりスタートのスペシャルコレクション『Reebok eightyone』から、INSTAPUMP FURYや夏にむけたアパレルが5月8日(金)より順次発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。