felicityの兄弟レーベルNEWHERE MUSICが誕生 | 第1弾は王舟とBIOMANによるアンビエントポップ作品

felicityの兄弟レーベルとして新たにNEWHERE MUSICが誕生した。

NEWHERE MUSICはアンビエント、 ニューエイジ、 ドローン、 ポストクラシカルなどを境界線を取り払いエレクトロニック ・ ライト ・ ミュージックと定義してリリースしていくレーベル。

NWM_LOGO_A

第一弾リリースには、王舟とBIOMAN ( neco眠る)がイタリアで制作したアコースティック×エレクトリックなアンビエントポップ作『Villa Tereze』が5月にリリース。今作は2017年末、約2週間にわたり王舟とBIOMANがイタリア中部の小さな町、ペルゴラに滞在し作り上げた架空のサウンドトラック。インスト中心 ( 声ネタあり )、イタリア産のアコースティックとエレクトリックを行き来するアンビエント・ポップスだ。

その他にもジム・オルークによる新作アルバムなどを予定しており詳細は後日発表される。

NEWHERE MUSICオフィシャルHPには写真家・澁谷征司の写真がヴィジュアル・イメージとして使用されている。
新宿・B GALLERYでは3/24(土)より4/22(日)まで澁谷征司の写真展も開催される。

http://newheremusic.com/

Info

王舟 & BIOMAN
「Villa Tereze」

2018.05.23 On Sale
PECF-1151 NWM-001
¥2,300+tax

01. Pergola
02. Rimini
03. Fano
04. Ancona
05. Terni
06. Higashi Yoshino
07. Falconara Marittima
08. Senigallia
09. Sansepolcro
10. Aeroporto di Bologna
11. Tereze

related

王舟がコロナ禍に制作していた音源をまとめ上げたニューアルバム『Pulchra Ondo』をリリース

王舟がニューアルバム『Pulchra Ondo』を本日6/17(水)にリリースした。

CINRA.NETによる『CROSSING CARNIVAL』のオンライン版が開催 | Campanella、Daichi Yamamoto、王舟、曽我部恵一、柴田聡子などが出演

カルチャーウェブメディアCINRA.NET主催の音楽イベント『CROSSING CARNIVAL』。

休業中の阿佐ヶ谷Rojiがcero、VIDEOTAPEMUSIC、王舟などゆかりのあるアーティストが参加したデモ音源集をリリース

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止対策を受けて休業中のカフェバー阿佐ヶ谷Rojiが、cero、VIDEOTAPEMUSIC、王舟ら所縁のあるアーティストによるコンピレーションデモ音源集『crowd』を4/24(金)にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。