17歳のラッパーTay-Kを支える同い年の敏腕マネージャーEzra Averill

現在アメリカのヒップホップシーンではラッパーたちの低年齢化が進んでいる。Lil Pumpは10代、6ix9ineやLil Xanなどはまだ20歳そこそこだ。さらにA$AP Mobと深い交流を持つSmooky Margielaaに至っては、15歳。

そしてそんな10代の中でも、最も物議を醸す1人がテキサスを拠点にする17歳のラッパーTay-Kだ。彼は殺人事件の容疑者として自宅謹慎状態に置かれていたが、足首につけられていた監視装置を外し、自宅から脱走。

逃走時に楽曲"The Race"を公開し、ミュージックビデオがアップされた6/30に再び警察に逮捕され現在は拘留中だ。彼の共犯者には先日禁固20年の判決が下っており、彼の裁判もどのような判決が下るか大きな注目を集めている。

他の10代のラッパーとは違う生々しいリリックで注目を集めているTay-Kは、日本でも知られるようになったが、彼を支えるマネージャーについてはさほど知られていないように思える。

Tay-Kのマネージャーを務めるEzra Averillは、彼の同級生の17歳でまだ高校生なのだ。

Averillのロングインタビューが経済誌のForbesのウェブサイトに掲載、そこでは彼がどのようにヒップホップシーンに関わるようになり、Tay-Kをどのようにサポートしているかが明かされている。

彼がヒップホップシーンに関わるようになったのは14歳の頃、Tay-Kが参加していたグループDaytona Boyzのマネージメントをスタートしたのがきっかけだ。パートナーのTobyとともにStomp Down EntertainmentをスタートさせたAverillは「テキサスのヒップホップシーンが自分には重要だった、テキサスを再びヒップホップの中心地にするのにフォーカスしていた」と述べている。

彼の運営するStomp Down Entertainmentは、Tay-Kの他にもテキサスの注目株であるMaxo Kreamなども所属している。さらに彼は15歳の頃から彼に投資を行っているLouと共に自身でライブ興行もおこない、15歳の誕生日プレゼントの代わりに、両親に予算をもらいPlayboi Cartiがヘッドライナーを務めるイベントを開催。見事にイベントを黒字にしてみせた。

Tay-Kの"The Race"のおかげで、史上最年少のプラチナムレコードを保有するA&RになったAverillの野望は、テキサスのヒップホップシーンだけでなくアメリカ全土のヒップホップシーンを変えることだ。彼は現在のヒップホップシーンは「おかしなこと」にあふれていると言い、ラップの根源にあったものを取り戻したいと主張する。

ラップとはAverillにとっては、人気や財産の上で成り立つものではなく、あくまで個人の自己表現であり、声なき人の声となるもので、その理想を示すのがTay-KだとAverillは語っている。

Averillは「俺たちは顔にタトゥーも入れないし、ドラッグに汚染されたことについてもラップしない、それは俺たちじゃないからだ」と同じ10代のラッパーたちと線を引く。「Tay-Kは彼が見てきたことをラップする、俺たちのアーティストは彼らのストーリー、彼らが経験したこと、そして乗り越えたことをラップする」とあくまでアーティスト自身のリアルなものを歌うのがヒップホップだと主張した。なので、Tay-KはLil Pumpや6ix9ineなどのようなSoundCloudラッパーではなく、彼は本質的にはギャングスタラッパーだと主張している。

毎日のようにTay-Kと会話をしているというAverillは、彼は無実だと信じていると話しており、近々新曲がリリースされるとも明かした。

Stomp Down Entertainmentをどのように運営したいかという問いに対してAverillは、「俺たちは俺たちが欲しいもののために戦う」と語り、自分たちのやりたいことを達成するためには決して妥協しない姿勢が重要だと意思の強さをみせる。「俺たちはセルアウトしない。俺たちは自分たちのいる場所にこだわり続ける」とAverillは、自分たちが信じるヒップホップを今後も追求していくと話した。

17歳の高校生らしからぬこだわりを持ったEzra AverillとStomp Down Entertainmentは、今後テキサスのヒップホップをどのように再びメインストリームに返り咲かせることができるのだろうか。そのためにはAverillの親友であり、比類ない才能を持つTay-Kの裁判の動向が重要になってくるだろう。

related

Tay-Kが自身を報じるメディアのやり方を非難するとともにファン達に謝罪

先日、現在獄中にいるTay-Kに金銭や手紙を送るよう彼のマネジメントチームがファン達に要請し、その後Tay-K本人がその事実を否定するといったことがあったが、今回、改めてTay-Kがファン達に謝罪を行った。

Tay-Kが殺人罪で再び起訴される|成人扱いでの裁判がいよいよ開始か

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判では55年の服役刑を宣告されたTay-K。その後テキサス州に移送され、成人扱いでの裁判を控えていることが明らかになっていたが、今回テキサス州でも再び殺人罪で起訴されたことが報じられた。

裁判にかけられているTay-Kがファンに金銭を要請した事を否定

2016年に起こした複数の強盗・殺人事件で裁判にかけられ、その内一つの事件の裁判で55年にも及ぶ服役刑を宣告されたTay-K。今月9月1日、Tay-Kの公式Twitterが更新され、彼のマネジメントチームが「Tayに手紙や本を送ってくれ。彼がサンアントニオにいる間は、本に金を添えてほしい」と、ファンに対してTay-Kへのサポートを要請した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。