DIESELがSS 2018のキャンペーンムービーを公開 | 「完璧ではないからこそ魅力がある」

毎シーズン、DIESELは広告キャンペーンで現代社会に対して強いメッセージを投げかけてきたが、2018 SSシーズンでも昨シーズンに続き「GO WITH THE FLAW」をテーマにブランドのメッセージを込めたムービーを公開した。

今シーズンはSNS映えなど完璧さを求める世の中の流れに対して、人生の不完全さを受け入れ、誇りを持って不完全さをポジティブな魅力に変えていこうと訴えかける。

ムービーは若い男女がそれぞれ自分の不完全さを直そうと決意した直後に、出会って恋に落ちるというストーリーで、Small Facesの"What’s a matter baby"をサントラに、不完全なままでいることの魅力を表現する。

 

ショートムービーでは、2018年春夏コレクションが披露され、90年代のムードを取り入れたオーセンティックなアイテムが登場。またムービーには『GO WITH THE FLAW』のタイトルと連動して、不完全なままでいることを推奨する隠しメッセージが存在する。これはイースター・エッグと呼ばれるビデオゲームなどでしばしば使われ る手法で、ジョークで入れた隠し機能のこと。動画には3つのサイト(@wantedsockswww.bluffet.comwww.layover.it) が隠しメッセージとして写っており、実際にこれらのサイトにアクセスするとDIESELらしいアイロニーがつまったコンテ ンツが展開される。

キャンペーン画像の撮影はFlorence & Nicholas、キャンペーンのコンセプト制作はクリエイティブエージェンシーの Publicisが手がけた。

CREDITS

Diesel artistic director for this campaign: NICOLA FORMICHETTI

VIDEO CAMPAIGN

Director: FRANÇOIS ROUSSELET

VISUAL CAMPAIGN

Photographer: FLORENCE & NICHOLAS Agency: PUBLICIS ITALY

https://www.diesel.co.jp/news/ss18campaign

related

DIESELが80s-90sのアーカイブを再構築したカプセルコレクション『DIESEL×DIESEL』を発表

DIESELが80年代から90年代のアーカイブピースを独自に解釈し、再構築したカプセルコレクション『DIESEL×DIESEL』を発表した。

DIESELとGR8によるカプセルコレクションにD.TT.K、植田光二と河村康輔による共同プロジェクトなど8組が参加

DIESELと原宿のセレクトショップGR8がタッグをくみ、日本で活躍する8組のデザイナー、 アーティストたちとともにカプセルコレクションを発売する。

DIESELとCOCA-COLAのコラボカプセルコレクションが登場|1日限定でポップアップイベントも開催

DIESELとCOCA-COLAがリサイクル素材を取り入れた最先端のカプセルコレクション『THE (RE)COLLECTION』をリリースする。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。