中国でのラッパーの規制に関連して人気番組『Rap Of China』の続編の放送は未定に?

先月、中国政府がヒップホップに関する番組や刺青のあるタレントや歌手のテレビ出演を禁止したというニュースが報じられた。

しかし実情はヒップホップ全体の規制ではなく、PG Oneなど特定のラッパーへの規制ということはFNMNLの取材記事からでも判明している

この1件についてBillboardに業界関係者のコメントが掲載されている。

Billboardは規制の渦中にいる中国音楽業界の関係者たちへの取材を行い、この件に対する彼らのリアクションをまとめている。

台湾を拠点とするダンスミュージック・エージェンシーのLOOP Incの共同設立者、 Alan Hsiaによると、今回の法整備はあくまで「"メインストリーム"のプラットフォームでのヒップホップの露出」を禁止したものあり、この規制はテレビ放送に限られるものだとしている。彼によると、ヒップホップは現在でも「巨大かつすごい速さで」中国のメインストリーム・カルチャーに影響を与えているという。

また、北京の音楽サービス会社OutdustryのA&R担当、Marcus Rowlandも同様のコメントをしている。「中国政府はヒップホップに対する『完全な抑圧』を目的としているのではありません。中国において政府はテレビ放送に関してとても大きな支配権を持っています。そのため、政府は最高レベルのメインストリーム・メディアであるテレビ放送においてヒップホップを不適切であるとしたのです。」

彼らが語るように、ヒップホップの規制の影響を受けるのはメインストリームのメディアに限られるようである。しかし、Kris Wuが共同プロデュースを行う『Rap of China』のように、中国でとても大きな人気を集めるインターネット番組たちも、スポンサーが離れてしまえば継続は困難になるだろう。Mao Livehouseの最高執務責任者であるDalongは『Rap of China』のシーズン2が放送されることになるかはわからない。」とSouth China Morning Postの取材で不安を示している。

また、プロデューサーのBilly Kohによれば、政府の今回の禁止令は主に『Rap of China』で有名になったアーティストたちを狙ったものであるという。「この動きは個人に向けられたもので、政府はPG OneやGaiといったアーティストを標的にしている。」と彼は話す。

OutdustryのMarcus Rowlandは「この禁止令は、私たちの多くがすでに知っていることを政府が公言しているようなものです。それは、『政府がヒップホップを低レベルな社会の一部分であると見なしていて、大半の人々にとってヒップホップは不適切なものだと考えている』ということです。」と、率直な意見も述べている。

中国ではテレビなどの主流メディアが大きな影響力を持っているが、Rowlandはラッパーたちがアンダーグラウンドでの活動に目を向け、ストリーミング・プラットフォームやオフラインでのイベントなどを通して深いつながりを持ったファン基盤を築いていくことを望んでいる。

(辻本秀太郎)

RELATED

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

インドの名門ムンバイ大学でラッパーになるための講義が設置か

ヒップホップが世界のチャートを席巻するようになったここ数年。ハーバード大学でラップアルバムが卒業論文として提出されるなど学術研究のテーマとしてもヒップホップは注目を集めているが、インドでもその波が広がっているようだ。

ブロンクスにオープンするヒップホップ・ミュージアムの開館日が2023年に決定

以前2022年にNYのブロンクスにヒップホップ・ミュージアムが2022年に建設されると伝えたが、正式なオープン日が2023年になると発表された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。