Donald Gloverがグラミー賞後の会見で次作でChildish Gambino名義を引退すると改めて語る

Childish Gambino名義や、最近では俳優としても活躍するDonald Gloverが、昨日のグラミー賞後の会見で、改めてChildish Gambino名義から引退することを明かした。

昨夏にGloverはChildish Gambino名義を引退すると発表していたが、年明けに新たにRCA Recordsと契約を結んだことを発表し、その去就が注目されていた。

Gloverは昨日の会見で、改めてChildish Gambino名義からは引退することを認めたが、あと1作だけ作品をリリースするとも語っている。「おれは幕を引くことが好きだ、それが進んでいくために重要だと思っているから」とGloverは語り、次作でしっかりとGambinoとしてのキャリアの終了をすることを誓った。

さらにGloverは「おれは世界の様々な事物が死ぬことが決められていたら、こんなに多くの問題は起こっていないと思う、おれがエンディングがいいことだと思っているのは強制的に物事をいい方向に持っていく力があるからだ」と、Gloverは自説を展開した。

Gloverは昨夜のグラミー賞では"Redbone"で、最優秀トラディショナル・R&B・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞した。会見の模様はこちらだ。

related

Donald Gloverが「次にリリースするアルバムは自分にとって“最大”のものになる」と語る|『アトランタ』のシーズン3、4も予告

今年の3月にアルバム『3.15.20』をリリースしたChildish GambinoことDonald Glover。パンデミックの渦中にリリースされ、収録曲の多くにタイトルがついていないという特異なアルバムだったが、そんな同作と、今後リリースされる次回作について彼自身が語っている。

Childish GambinoことDonald Gloverが2020年の大統領候補者アンドリュー・ヤンのクリエイティブコンサルタントに就任

Childish Gambino名義での音楽活動のほか、本名で俳優、脚本家、コメディアンとして活動するDonald Glover。そんな彼が、2020年のアメリカ大統領選の立候補者であるアンドリュー・ヤンのクリエイティブコンサルタントに就任したことが報じられている。

OffsetがDonald Glover制作のMigosパロディコント『Friendos』をあまり良く思っていないと明かす

先週金曜日にソロアルバム『FATHER OF 4』をリリースしたOffsetが、GQの企画「Undercover」に登場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。